カードローンの利用限度額の増額申込み

大手消費者金融の広告などでは、最大500万円の融資が可能などと書かれていますが、誰もがこんな大金を借りられるわけではありません。カードローンに申し込んで審査に通った場合は、利用者それぞれに利用限度額が決められます。初めての申し込みでは、50万円以下に設定されることが多くなっています。希望していた金額よりも低く設定されることもあり、中にはがっかりする人もいるようです。

この利用限度額は一度決まったからといって、ずっと変わらないわけではありません。契約後しばらくたってから増額申込みすることができるのです。

増額申込みの方法は2種類に分かれます。一つは、金融会社の方から電話やメールで増額しませんかという案内があり、それに応じて申し込むもの。もう一つは、利用者自らが増額を希望して申し込むというものです。どちらの場合も審査がありますが、当然ながら、金融会社の方からオファーがあった場合の方が通りやすくなっています。

利用限度額増額の審査では、直近半年ほどの契約で、返済が滞りなく行われていることが一番重要視されるようです。他社での借り入れや返済状況も調査されます。また、契約した後転職し、違う職場に勤めている場合は、収入証明書の提出が求められることもあります。

返済期日を守って、安定した顧客となる見込みがあれば、増額審査に通りやすくなります。初回に設定された利用限度額が低いからといって、がっかりすることはありません。

誰にも顔を合わさずにキャッシングを申し込みたい場合

キャッシングを申し込む場合に、誰にも会いたくないと考える方も多いようです。キャッシングを利用するということは借金をする事になるのでそのような気持ちになってしまう場合もあるでしょう。しかし最近では、様々な方法で申し込みを行うことが可能になっており、誰にも合わずにキャッシングやカードローンの契約を行うことも難しくありません。

大手消費者金融の場合では、インターネットを利用して簡単に申し込みが出来るようになっており、誰にも合わずに利用したい方にとっては、オススメの申し込み方法と言えるでしょう。キャッシングをインターネット経由で申し込む場合も方法は様々です。

自宅のパソコンから申し込むを行うことも出来ますが、現在ではスマートフォンを利用した申し込みが非常に便利で簡単なのでオススメです。申し込みをする際には、必要書類の提出をする必要がありますが、スマートフォンの場合は専用のアプリを立ち上げ、スマートフォンのカメラで必要書類を撮影して提出することが可能になっています。

パソコンよりも短時間で申し込みが出来るので、急いでいる場合にも役立つ方法ではないでしょうか。このように消費者金融を利用する際には、誰にも顔を合わす必要がないので安心して利用すると良いでしょう。

キャッシングローンの借り換えにはタイミングが重要!

複数の銀行や消費者金融から借り入れがある場合、借り換えするという方法があります。おまとめローンの場合、あくまで貸金業法に基づくものであり、貸金業者からの借り入れしか纏めることが出来ません。
また、おまとめ出来たとしても金利自体は依然として、銀行ローンよりも高く設定されています。そのため、総返済額があまり減らないというのが実情です。
そのため、銀行のカードローンやフリーローンで借り換える方がメリットは高めです。ですが、借り換えやおまとめローンとして商品説明をしている場合でも、申し込みのタイミングが重要です。

そのタイミングとは、他社借入件数が多くなっていないということがポイントです。
銀行ローンを申し込む際、一時的ではあるものの、審査時点で借り入れ件数が多くなってしまいます。結果、審査が通過し難くなります。
そのため、銀行のカードローンやフリーローンを検討する場合は借り入れ件数を段階的に減らしておく必要があります。貸金業者から3社以上借り入れがあった場合、おまとめローンで1社に集約してしまいます。

その後、おまとめローンの申し込みから一定期間が経過したのち、銀行ローンで借り換えるという方法が得策になります。ただし、この際重要なのは返済のみのものを選択することです。
既におまとめローンを行った時点で追加の借り入れが出来なくなっているため、フリーローンで借り換えることにデメリットは少なくなります。
銀行のカードローンやフリーローンを利用する場合、3社未満の借り入れになっているかどうかを重視し、借入先が増える前に日常的にローン契約管理をすることが重要です。

キャッシングをする前に利息の割合について知っておこう

融資を受ける場合、必ず利息を支払わなければいけません。

金融機関によっては初めの何日間かは無利息という商品もありますが、利息はかかるものと考えた方がいいです。

毎月の返済額の内訳は、元金と利息の合計となっております。

金利の高い商品は、利息の部分が多いので、なかなか借りた残高が減りません。

そして返済期間も長期化してしまいます。

一つの例で、100万円を金利12.0%で借りたとします。

最近のキャッシングは、残高スライド方式という返済方法で、利用額によって毎月の返済額が変わるものになっています。

100万円の場合、一般的には15,000円から20,000円の返済額になります。

一年間に支払う利息額は120,000円(=100万円×12.0%)となります。

これを毎月に分けると、毎月10,000円の利息を支払うことになります。

仮に毎月の返済額が15,000円の場合、10,000円は利息で取られてしまい毎月5,000円ずつしか残高が減りません。

キャッシングには、このようなからくりがあり、毎月返済を行なっていても残高がなかなか減らないということが起きます。

キャッシングを賢く利用する方法は、毎月の返済以外に臨時で返済を行なうことです。

臨時で返済した金額に関しては利息が発生しないので、そのまま残高を減らすことができます。

例えば、毎月の返済に加えて20,000円返済したとします。

その場合、残高も20,000円減ることになるので、早く返済を終えることができますし、利息の負担も抑えることができます。

毎月の返済額と利息の関係を理解した上で利用すると、高利のキャッシングでも便利な商品と言えるでしょう。

カードローンのサービスについて

お金を借りることに関して言えばカードローンが最も身近なサービスであるといえるでしょう。これは無担保であり、無保証人で借りることができます。完全に個人に対する信用のみで貸す、ということになりますから、物凄くお手軽といえるでしょう。

しかし、当然、審査はありますからそれをクリアする必要性があります。審査にはこちらから色々と情報を渡すことになります。それ自体はそんなに大変なことではないです。身分証とかを渡すだけになります。他所からの借金の有無なども問われることになるでしょう。

銀行系カードローンであれば総量規制は引っかかることはないのですが、消費者金融系であればそれは総量規制の対象内になりますから、覚悟しておきましょう。

つまりは、年収の三分の一以上の貸付をしてもらうことが法律的にできないわげてす。かといって、別に銀行系であれば年収の三分の一以上を確実に貸してもらうことができるのか、といえばそうでもありませんから、それはあまり気にしないでも良い、といえる状態の人が多いことも確かです。

カードローンでは最初に設定された金額を何度も借りることがいつでも出来る、という特徴があるのでいざという時に助かるでしょう。

楽天銀行の不動産担保ローンの特徴など

もしも担保設定が可能な資産を持っている場合、その資産を活用することで高額資金をお得に借り入れることが可能となるので、まとまったお金が必要という人の場合はフリーローンよりも担保ローンの利用がおすすめとなります。
大手ネット銀行の楽天銀行でも不動産担保ローンの取り扱いがあり、高学資金をお得に借りることができるので、お勧めできます。

楽天銀行不動産担保ローンの基本情報ですが、金利は年3.55%から9.45%(2016年9月現在)の5年固定制となっており、融資額は100万円から3000万円までとなっています。
また返済期間は最長25年となっているので、高学資金を借り入れた場合でもゆとりを持って返済していくことができるのです。

私の利用したカードローンの経験談と反省談

いまからもう4年前になりますが、身体の一部脱毛とワキガの手術を行った時です。

私自身が新社会人なりたてで、車のローンも支払っていてすべてを返済するにはどうしても貯金がなく、親に借りるのも申し訳なく、支払いが出来なくて、施術を行った4美容外科を通して紹介された企業のカードローンを利用することになりました。

カードローンを利用したことにより、無理に高い金額に設定しなくて良かったことが助かりました。

4年の48回払いにしたので、毎月の返済額を6000円台に抑えられたことは、貯金がない身としてはとても助かりました。

ですが、4年が意外と期間が私自身は長く感じたので、少し肩身の狭い気分がしました。

また保証人の名前だけで印鑑など必要なくすぐ借りれたのは良かったです。

一括返済もできることを、つい最近払い終わってから知ったので早く行えれば良かったと後悔したのと最初に契約する用紙に記載があればいいのになと感じました。

まずは絶対にお金を借りなければいけないのか、絶対に無理なく返せる範囲で借りるということを決めてよく考えてから、安心できる企業で利用することをおすすめします。絶対に破産しないように気を付けてください。

キャッシングの利息はしっかり日割り計算されます

キャッシングの申込みを行なう時に気にする金利は、返済時に利息計算で用いられます。提示されている金利は年利ですから、利息計算をする際には厳密に日割り計算が行われます。約定返済を続けている場合には、毎回の利息額が異なる点に気が付いているでしょう。
しかし、問題となるのは金利計算時に使われる借入残高をいつの段階とするかです。基準となる借入残高に対して年利を日割り計算で掛けることになりますから、随時返済を行なった結果が次回の約定返済時に持ち越しとなるか即時反映されるかは、利息計算時に借入残高が変わってしまう問題を引き起こします。

約定返済のみで返済を続ける際には、毎回決められた金額を返済するだけですから、さほど問題になることはありません。しかし、随時返済を繰り返した方が、はるかに早期に完済を行えることが確かです。元金をいち早く減らせば、毎回付く利息額を減少させることが可能となります。

キャッシング時に返済方法を利用規約で細かく確認しておけば、同じ金利設定であっても総返済額を減らせることを知っておくと良いです。元金返済を早める方法として、随時返済の返済方法だけでなく、随時返済額がいつ元金返済充当となるかも確認することが重要です。

保証料込のキャッシングローンは、返済を補償するものではない!

キャッシング契約を検討する際、銀行カードローンなら保証会社の保証審査を受けることとなり、消費者金融なら保証料込みとなった金利が適用されることとなります。特に銀行カードローンの場合、金利の中から保証会社への保証料が支払われ、消費者金融の場合は貸倒リスクを考慮した金利設定になります。

一見すると、万が一、返済が滞り返済不能となった場合、契約者に変わり返済をしてくれるように感じてしまいます。しかし、保証会社が保証しているのは契約者に対してではなく、銀行に対する側面の方が大きくなっています。つまり、契約者に対して返済不能となった金額を補償するのではないこととなります。そして、銀行側が実質的には損をしないといったこととなります。また、保証会社自体も貸し倒れにならないよう、債権を債権回収会社に譲渡することで損失をカバー出来ることになります。

結果として、返済不能となった場合、債務整理手続きを行わない限り、契約者側の負債は残り続ける上、個人信用情報に金融事故情報が残るといった問題しか残りません。そのため、カードローンやフリーローンを契約する際は絶対に返済不能にならないことが重要であり、返済不能となった場合でも高い手続き費用が掛かることを認識しておくことが重要です。

銀行フリーローンのメリットとは?保証委託先が心配な場合に利用する方法もあり!

今では、銀行もカードローンを提供し、契約するためには銀行の審査だけでなく、保証委託となる保証会社の審査を通過する必要があります。ですが、保証会社はクレジットカード会社や消費者金融系の会社が多く、過去に返済を遅延した経験がある場合、審査落ちのリスクが生じてしまいます。特に銀行ローンは生活圏内にある銀行である方が便利であり、借り入れや返済時の手数料といった心配が無くなります。ですが、保証委託先に不安がある場合は契約を諦めることに繋がります。

ですが、銀行が得意とするローンはカードローンだけでなく、フリーローンや目的別ローンなど、より低金利のキャッシング商材があります。カードローンに比べ遥かに金利が低く、計画的な返済を行うことで総返済額の抑制に繋がります。

また、フリーローンはカードローンと異なり、返済期間が決まっていること、また心配となる保証委託先がクレジットカード会社や消費者金融系の会社ではないケースがあります。そのため、保証会社の審査が通らない可能性がある場合は、フリーローンや目的別ローンの契約をするという方法もあります。

また、フリーローンや目的別ローンの場合、手数料が必要にはなるものの、返済期間の見直しも可能というケースがあり、生活スタイルに合わせて返済を行うことが可能になっています。