キャッシングの返済延滞、知られざる誤解

皆さんはキャッシングやクレジットカードの延滞は何ヶ月滞納すれば事故情報として記録されるのかご存知でしょうか。61日でしょと思った貴方はとんでもない勘違いをしています。

・延滞が61日までオーケーというのはデマ情報

このデマが何故生まれたのかというと、信用調査会社CICのホームページに、延滞等の移動情報については『正常入金日から61日以上の場合延滞とつける』と書かれている事から生まれたのものです。これは一般的にという意味合いで、61日を過ぎたらクレジットカード会社に必ず延滞をしているという申告をする様に義務付けているだけで、クレジットカード会社のルールとは関係ありません。

・61日未満でも事故情報にするかはカード会社や消費者金融業者の裁量次第

例えば、支払日に1回遅れたくらいでは忘れてたのだろうと事故情報とされないかも知れませんが、3日遅れが3回あったなどでは仏の顔も3度までで、事故情報記録として届け出られる可能性があります。調子に乗って毎月の様に遅れてると、貴方の信用情報には延滞を示すAマークが並び立派なブラックな人に見えることでしょう。

いかがでしたか、特に学生の内は毎月の様に携帯電話代を延滞してる人がいますよね。これが分割払いでしたら、全て事故情報で登録されちゃいます。延滞は絶対にしない様にしてくださいね。

キャッシングの不安は無くなりました

パートで働いていても審査に通ると聞いたので消費者金融に申し込みをしましたが、実際に自分が審査に通るまでは本当に審査に通るのかと半信半疑でした。ちょっとした事情で少額でたがお金を準備しなければならなくなり、パート勤めの私にも貸してくれそうな金融機関を探しました。

いろいろと検討しましたが、結局は消費者金融しかないことが判りました。多くの方がそうだと思いますが、私も消費者金融からお金を借りることに漠然とした不安を感じていました。不安はありましたが、大手銀行のグループに入っている消費者金融であればそんなに心配することもないだろうと思い申し込みをしました。私が選んだ消費者金融は三井住友銀行系のプロミスでした。地元にある三井住友銀行のATMが手数料無料で利用できて使い勝手が良かったのでプロミスにしました。

プロミスを選んで更に良かったと感じたの無利息キャッシングが利用できたことです。初回の利用分に限って30日間の利息が無料になるというサービスです。30日以内にキャッシングで借りたお金を完済してしまうと利息がまったくかからないので借りる方にとってはとても魅力的なサービスだと思います。私も無利息キャッシングのおかげで利息を1円も払わずに済ますことができました。消費者金融を利用する前は漠然と感じていた不安も今ではまったく感じることはあのません。消費者金融のキャッシングはよく考えて上手にを利用すればとても助かるサービスだと思っています。

キャッシングの返済について

利便性に優れるキャッシングですが、当然利息を含めた金額を返さなくてはいけません。では返済日を過ぎて滞納してしまった場合のデメリットとは何なんでしょうか?

まず返済日を過ぎても返済が済まされていなかった場合、返済の遅れたことを知らせるはがきが届きます。事前に提示した電話に連絡がいくこともありますが、多くの会社では連絡が必ず入ることは認識しておきましょう。内密に利用できることもキャッシングの利点ですが、こうなった場合にはそれも崩れてしまいます。

また大手の会社ならば、ドラマのような取り立てが行なわれることはありませんが、あまりにも滞納が長引いた場合にはキャッシングの利用を停止されてしまいます。当然返済が済まない限り利用再会は出来ませんし、何よりも滞納したと言う記録が会社側に残るため次回からの借入や新規のローンを組むのにも大きく響く可能性があります。

そして滞納をしたことで一番のデメリットと言えるのは、不履行を行なったことによって債務者に課せられる遅延損害金と言えます。法律上、当然支払わなければならない損害金であり、日割り計算によってその金額を増やしていきます。つまりは、長引けば長引くほど返済金とは別の高額出費になりかねないということです。

上記した通り、滞納すれば滞納しただけ損害金も増えていきますし、その分だけキャッシングの利用再会の可能性も減っていきます。会社選択から返済までが1つのキャッシングですので、最後まで気を張るつもりで利用をしましょう。

よく見かける総量規制対象外

キャッシング情報で総量規制対象外という言葉を見かけることがあります。多くの場合は総量規制の対象外であることがメリットであるという使われ方をしています。これは実際はどのような意味なのでしょうか。

まず総量規制とは何かということですが、これはある人が借入するお金の合計の金額が、年収の3分の1程度が限度となるというものです。これはキャッシング会社が自主的に決めているものではなく、法律によって定められた社会的なルールです。キャッシングの金利は限度額にもよりますが、年10%から20%弱などが多いですので、年収に対して借金の金額の割合が増えすぎると、返済が難しくなります。トラブルを防ぐためにも、最初からそのような利用は出来ないようになっています。

キャッシングにおいては、消費者金融と呼ばれる業者は、このような総量規制の対象となる場合が多く、銀行のカードローンは、総量規制の対象外となる場合が多いです。

キャッシングに申込をしようという時に、もし他社からも借入があり、それが年収の3分の1に近い金額ならば、総量規制の対象となる商品は、審査に通過することが難しくなります。その場合は総量規制対象外のサービスの利用を検討しましょう。

負債の借り換えタイミング

おまとめローンなどでの借り換えを行なうことで全体的な金利を下げることが出来たり、一ヶ月単位の返済額を下げることができるなどさまざまな面でも助けとなります。ですが借り換えは時期を誤ってしまうと借り入れが出来なくなります。

大方の場合借り換えで失敗してしまう方の傾向としては既に他社で滞納を出してしまっている場合です。おまとめローンなどもそうですが結局はローン契約を行なうわけですのでそこで審査も行なわれます。そのときに他社の滞納があればそこで審査がNGとなるわけです。

返済に対して危機感を持つのが遅れてしまえば遅れてしまうほど借り換えを行なうことが難しくなります。滞納が発生してしまったときなどは非常に最悪で、滞納を解消することも難しく、且つ借り換えで負担を減らすということも出来ないわけですので、自分で手を打つことが出来なくなってしまうことが予想されるわけです。

さらにいえばおまとめローンも目的別ローンと呼ばれる総量規制対象外のローン契約ですので金額も大きくなることも予想されますし、それだけに審査も少額フリーローンよりも厳しいとも言われています。そのため判断に触れ幅がなくなる前に借り換えのことも視野に入れておくことも大切なのです。

自分の判断で慎重にキャッシング

銀行の名前を関したキャッシュローンが多く出回っています。銀行を通してローンを組むと総量規制対象外になりますので借り入れ金額の規制がなく多くのお金を借り入れることができます。消費者金融でローンを組んだ場合は借り入れ金額が年収の三分の一を超えるときには審査が厳しくなり収入証明書も提出しなければならなくなってしまいます。

このように規制がない銀行のローンは審査から申し込みもパソコンやスマホから簡単にできることから好評なようです。ですが注意をしていただきたいのはこのローンの保障会社はそのほとんどが消費者金融が保障会社として名乗りを上げていることです。貸付金利も一部の銀行を除いてほとんどが消費者金融で借り入れる金利と同じです。総量規制により多くの顧客が望めなくなった消費者金融が保障会社として銀行の後ろに控えて営業を行っているのに過ぎません。顧客の増大とともに営業利益の増大を狙っているわけです。

銀行のこれらのローンも言ってみれば総量規制がはずされた消費者金融の商品に過ぎないことをよく知った上で、計画的な利用をすることが大切になってきます。決して銀行の名前に踊らされないことが大切で自分の判断も重要になってきます。

キャッシングの借り換えのベストなタイミングは?

キャッシングを利用していて、ちょっと借り換えをした方が良いかな?と思うときもあるでしょう。先のことを考えて、このままだと返済がちょっときつくなるかもしれないと感じた場合には、借り換えをした方が返しやすくなる場合もあるからです。

ただ、借り換えはそのタイミングを見誤ると失敗することがあるので、ベストなタイミングを選んで行っていきましょう。じゃあ、ベストタイミングというのはいつか?というと、これは考え方にもよりますね。1つの考え方からすると、今すぐにというのもあります。

それは状況が不利になる前にとっとと借り換えをしておくという考え方です。借り換えは新たに審査があるので、その審査を受ける前に、例えば会社をクビになるとか、給料が下がるとか、いろいろな変化が起きる可能性があるわけです。良い変化もあるかもしれませんが、どちらかというとそうじゃない変化の方が可能性としては大きいと思うので、そうなる前に借り換えをしておいた方が良いという考えもあります。

審査に不利に影響するような変化が起きるまでに前もって行動しておこうということです。他にもタイミングの考え方はいろいろありますから、1つの意見として捉えてもらえればと思います。

返済は銀行口座引き落としがお勧めです

キャッシングの返済方法で、私は最初コンビニのATMを利用する方法で返済していました。

わりとよくコンビには利用する方ですし、近所にコンビニがあるのでそんなに大変じゃないだろうとコンビニのATMでの返済方法を選んだのですが、これが失敗で案外めんどくさかったです。

返済日を常に頭に入れておくか、どこかに書いておくなど出来るマメな人なら良いのかもしれませんが、ズボラな私は返済日をよく忘れます。

思い出したのは返済日の夜遅くだったりします。

返済日前と返済日に携帯にメールが来るのですが、忙しいとメール確認は後回しになってしまいます。

そうなると夜遅くにコンビニまで行かないといけません。

近いとはいえ、一度帰宅して着替えてくつろぎモードに入ってしまうと出かけるのがかなり面倒です。

そういった事が何度かあり、私は返済日までに返済と言うのではなく、毎月二十日に返済すると日にちをしっかり決めて返済するようにしました。

ですが、やはりこれも忘れます。

毎月二十日に返済というのは覚えているんです。

ですが、今が何日かを忘れてしまうのです。

忙しいというのと、毎日同じ仕事をしているというので曜日や日にちの感覚が無くなってしまう為です。

なので私は最終的に、サポートに電話して銀行口座引き落としにしてもらいました。

給料が振り込まれる口座を指定したので、これなら口座に振込みを忘れるという事もありません。

口座引き落としにしてからかなり楽になりました。

返済日を意識することもなくなり、精神的にかなり余裕が出たと思います。

返済日を忘れがちな人に口座引き落とし、かなりお勧めです。

キャッシング会社を比較する上でのポイントは?

キャッシングを行える会社はCMで見かけるような大手消費者金融から中小の金融機関まで様々な種類がありますが、比較する上での明確な基準がなければ、どれも同じように思えてしまいます。

そこで、この記事ではそうしたキャッシングを比較する上でのポイントについて解説しています。

まず重要なのが金利についてです。当然金利が重要なのはキャッシングでは常識的なことですが、消費者金融と銀行系のフリーローンでは、驚くほど、上限金利が異なります。当然銀行系のフリーローンでは審査もその分厳しくなりますが、審査に自信のある方はそうした金利の低いキャッシング先を選ぶほうが当然有利になります。

しかし、消費者金融系のキャッシングでも同じような金利に見えながらかなりの違いが有ります。それは金利ゼロのキャンペーンについてです。大手の消費者金融ではこうした期間限定で金利ゼロのキャンペーンを行っていますが、短期間の借入と返済を繰り返す方にとっては非常にメリットの多いサービスです。

学生がキャッシングを利用するために重要なこと

学生さんはキャッシングの審査に通りにくいといわれています。確かに学生さんは安定した収入がありませんので、返済能力が低いと見なされて、審査に落ちることも多いようです。また、社会人に比べてクレジットカードやローンの利用履歴が少ないため、信用情報が少ないというのも審査通過を難しくしている理由のひとつとされています。

しかし、あきらめてはいけません。学生さんでもキャッシング審査に通った例はいくらでもあるのです。どうすれば審査に通りやすくなるのでしょうか。

そのためには、安定した収入を確保することが重要です。一例を挙げれば、定期的な収入が得られるアルバイトを行うことがそうです。この場合、審査に通るかどうかについては収入額は必ずしも考慮されません。同じ額なら定期的で安定した収入の方が審査には有利になるのです。

また、クレジットカードを持っておくと信用情報が増えていきます。学生さんを対象にしたクレジットカードはいろいろありますので、1枚作っておいても損はないでしょう。

キャッシング会社のなかには、ホームページで「お試し診断」を行っているところもあります。前もって調べておけば、審査に通るかどうかある程度の予測がつきます。キャッシングを利用したい学生さんは、一度診断してもらった方がいいかもしれませんね。