保証料込のキャッシングローンは、返済を補償するものではない!

キャッシング契約を検討する際、銀行カードローンなら保証会社の保証審査を受けることとなり、消費者金融なら保証料込みとなった金利が適用されることとなります。特に銀行カードローンの場合、金利の中から保証会社への保証料が支払われ、消費者金融の場合は貸倒リスクを考慮した金利設定になります。

一見すると、万が一、返済が滞り返済不能となった場合、契約者に変わり返済をしてくれるように感じてしまいます。しかし、保証会社が保証しているのは契約者に対してではなく、銀行に対する側面の方が大きくなっています。つまり、契約者に対して返済不能となった金額を補償するのではないこととなります。そして、銀行側が実質的には損をしないといったこととなります。また、保証会社自体も貸し倒れにならないよう、債権を債権回収会社に譲渡することで損失をカバー出来ることになります。

結果として、返済不能となった場合、債務整理手続きを行わない限り、契約者側の負債は残り続ける上、個人信用情報に金融事故情報が残るといった問題しか残りません。そのため、カードローンやフリーローンを契約する際は絶対に返済不能にならないことが重要であり、返済不能となった場合でも高い手続き費用が掛かることを認識しておくことが重要です。

銀行フリーローンのメリットとは?保証委託先が心配な場合に利用する方法もあり!

今では、銀行もカードローンを提供し、契約するためには銀行の審査だけでなく、保証委託となる保証会社の審査を通過する必要があります。ですが、保証会社はクレジットカード会社や消費者金融系の会社が多く、過去に返済を遅延した経験がある場合、審査落ちのリスクが生じてしまいます。特に銀行ローンは生活圏内にある銀行である方が便利であり、借り入れや返済時の手数料といった心配が無くなります。ですが、保証委託先に不安がある場合は契約を諦めることに繋がります。

ですが、銀行が得意とするローンはカードローンだけでなく、フリーローンや目的別ローンなど、より低金利のキャッシング商材があります。カードローンに比べ遥かに金利が低く、計画的な返済を行うことで総返済額の抑制に繋がります。

また、フリーローンはカードローンと異なり、返済期間が決まっていること、また心配となる保証委託先がクレジットカード会社や消費者金融系の会社ではないケースがあります。そのため、保証会社の審査が通らない可能性がある場合は、フリーローンや目的別ローンの契約をするという方法もあります。

また、フリーローンや目的別ローンの場合、手数料が必要にはなるものの、返済期間の見直しも可能というケースがあり、生活スタイルに合わせて返済を行うことが可能になっています。

カードローンの無利息キャンペーンは宣伝効果が高い

貸金業者が行っているキャンペーンの中には、一定期間無利息キャッシング出来ると広告で謳っているものがあります。最も多いキャンペーンは、初回30日間無利息となるキャンペーンですが、いつから無利息となるのかを申し込み前に確認しておかなければなりません。なぜなら、契約日の翌日から30日間無利息となるのか、初回借入日から30日間無利息となるのでは、大きな違いが発生してしまうからです。

契約日は、審査完了日が基準となるので、専用ローンカードが発行されて手元に郵送されるまで借入が出来なければ、無利息キャンペーンの日数のみが消化されます。

一方、初回借入日から30日無利息ならば、先に申し込みをしておいて専用ローンカードを手元にしておき、必要な時に借入を行なって初めて無利息キャンペーンがスタートすることになりお得です。契約日から初回借入日までの日数にある程度制限を設けることは、さほど珍しいことではなく90日程度が指定されていることがあります。

中には、180日間借入金額のうち5万円迄を無利息とする長期借入を前提としたキャンペーンを行っている貸金業者もあるので、宣伝効果の高さから複数の貸金業者が広告に入れていることが分かります。

利息は感謝の気持ち。お礼なのかもしれない。

父がパソコンが欲しいというので、ある日キャッシングをしてみた。父は老後でいますぐにお金が用意できないので、私が一時的にキャッシングをして返済をしていく計画。いまはすぐにお金が借りられる。今回は、4万円のキャッシング。実は、キャッシング、ローンについては私自身苦い思い出がある。多額の返済。返済してもなかなか減らない元金。もうお金は借りないと思った時期もあった。しかし、父が欲しい物を購入する。きちんと目的を持って決められた金額を返済する。そういった気持ちでキャッシングをしてみるとなんとなく嬉しいのである。

楽しいのだ。毎月一万円。合計で4回の返済。今回で2回目。不思議なもので毎回、返済する機械にお金を入れる際、「いつもありがとう」と言ってしまいたくなるような感情が湧き出てくる。私はなんとなくわかった気がした。きちんとした理由で、目的を持ち正しくキャッシングをすることは、実はとてもありがたいことであると。もちろん、貯金をすればいいだろうと言われればそうなのかもしれない。だが、状況的にどうしてもという時は、キャッシング、ローンもいいのかもしれない。返済は、あと2回。いつものようにお金を用意してあの機械にいくとしよう。「ありがとう」の気持ちと「感謝」の利息を持って。

銀行カードローンを契約する際のポイントとは?

銀行カードローンと言うと、総量規制対象外かつ低金利が魅力であり、高額な借り入れでも利息が抑えられるという特徴があります。しかし、より銀行カードローンでお得に借り入れをする場合、ただ単に金利が低いことだけを注目することは損をする原因となります。例えば、銀行カードローンの金利スペックで『1.9~14.5%』といった表示を目にすることがあります。

しかし、金利は利用限度額毎に固定金利になるものと、審査結果に応じて金利が決まる2つのケースがあり、利用限度額で固定されることは損をすることになります。より好条件での借り入れを期待する場合、100万円未満の借り入れでも14.5%固定よりも9.6~14.5%と幅のあるカードローンを選択するのが得策です。

金利は信用度により査定されるため、固定金利のカードローンは将来的に支払う利息を高くしてしまいます。返済期間が長期間になる借り入れ程、少しでも低い金利での契約が重要であり、契約を検討する際はカードローンの商品概要を隅々まで確認することがポイントになります。

地方銀行のカードローンの場合、利用限度額毎に金利も固定されているケースがあるため、キャッシングを検討する際はメガバンクを含む都市銀行やインターネット銀行を先ず検討するのが意外におすすめです。

カードローンの増額インビテーションは受けるべきか

銀行または消費者金融のカードローンを契約して、延滞を起こさずにキッチリ返済を続けていると、利用限度枠の増額インビテーションが届くことがあります。銀行カードローンの場合には、増額インビテーション以外での利用限度枠の増枠は厳しいと言われているので、そのまま受けることが望ましいです。しかし、全くリスクが無いわけではありませんから、再度増額審査がしっかり行われている点だけは忘れないようにする必要があります。

消費者金融のカードローンでは、利用限度枠の増額申請は比較的利用者側から行っても通ります。インビテーションについては、自動的に送られてきている可能性があるので銀行とは異なり消費者金融の増枠は要注意です。なぜなら、利用限度額の増額審査は新規申し込み時の審査に準じたものとなるので、新たに収入証明書を提示するよう求められたり、減額されてしまうことも有り得ます。消費者金融からのインビテーションは、再審査を行なうためのキッカケとなってしまうリスクを含んでいることを覚えておく必要があるわけです。更に、総量規制の対象となっている状況下では、消費者金融の利用限度額増枠を行ったために、他社からの借入が制限される可能性があります。1社に借入を纏めるためという理由があれば歓迎されますが、消費者金融の増額インビテーションを受けるかどうかは慎重な判断が必要です。

三井住友銀行グループのプロミスとモビットの特徴

三井住友銀行グループの消費者金融にプロミスとモビットがあります。どちらも大手の消費者金融で自動契約機の設置数も多いのでどちらを利用するか迷ってしまう事も少なくないでしょう。そこでプロミスとモビットの特徴を見ていく事にしましょう。

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードが早いというのが特徴で申し込んでから最短1時間で融資可能になります。また借り入れをする時の振込キャッシングも申し込みをしてから最短10秒で口座に振り込まれるという瞬フリというサービスを利用する事も出来ます。また初めて利用する人は借入日の翌日から30日間だけ無利息になるというサービスも提供されています。プロミスは今すぐお金を借りたい人や初めて利用する人にとってメリットになります。

モビットはホームページからWeb完結で申し込みが出来るのが特徴で24時間いつでも申し込む事が出来ます。また申し込む前に簡易審査をする事が出来て本審査のシュミレーションをする事が出来ます。そのためモビットは忙しくて時間が取れないという人や審査が可決されるかどうかが不安な人にとってメリットになります。

プロミスとモビットは同じ消費者金融ですが、メリットになる点が異なってくるので自分がどちらに合うのか判断して選ぶといいでしょう。

埼玉りそな銀行のクイックカードローンについて

日本には複数の都市銀行がありますが、都市銀行のうちの一行であり、利便性に優れたカードローンの取扱をしているのが埼玉りそな銀行となります。埼玉りそな銀行では大別して2種類のカードローンの取り扱いがあるのですが、そのうちの一つであるクイックカードローンは様々な職業の人が気軽に申し込みできる、カジュアルかつ便利な商品設計となっています。埼玉りそな銀行のクイックカードローンの詳細について紹介していきます。

まず金利と融資限度額についてですが、実質年率は9.0%?12.475%、融資限度額は最高で200万円となっています。

なお、クイックカードローンの最も大きな特徴として紹介したいのが、審査の早さと申込の死安さになります。

審査に要する時間は最短で2時間となっていますし、web申込なら24時間365日申し込みが可能な上に、審査の際には年収も勤続年数も不問となっているのです。

このため、パートやアルバイトでも申し込みができますし、急にお金が必要となった時でも手早く申し込みができ、すぐに借り入れを行うこともできるのです。

加えて、都市銀行のローン商品という安心感や信頼性もあるので、急にお金が必要となった時には是非利用をおすすめします。

銀行ローンというのは意外とよいことがあります

銀行ローンと言っても色々とありますがこの場合は目的ローンではなく、フリーローンになります。元々、銀行というのはそうした形での融資はあまり得意ではない、というのが定説であったわけです。しかし、今ではかなりしっかりと実行しています。

何故かといいますとノウハウが入ったからです。消費者金融と提携しており、そこに保証してもらったり、審査業務を一部代行してもらったりしています。目的ローンはともかくとして、キャッシング系の審査ノウハウがなかったのは確かです。しかし、それも消費者金融などと提携することによって、今では解消されています。

かなり積極的にフリーローンをアピールするようになっています。利用する側としては基本的に問題ないことであるといえるでしょう。使える選択肢は増えておいたほうが良いでしょうし、金利も銀行系というのは比較的に低いことで知られているからです。ですから、基本的にはお勧め出来ることであるといえます。

アルバイトでもキャッシングを利用できるのか

キャッシングを利用される際には、必要なものとしましてまずは身分証明書が必要となります。さらに、年収がどれだけあるかの源泉徴収票も必要となりますがこちらは限度額が大きくなければ提出しなくても契約までたどり着くことができるようになっています。

仮に、アルバイトであったとしても限度額はそこまで大きくはできませんが在勤確認を取ることができれば契約をすることはできます。私の場合でしたら、学生時代にアルバイトをしていた時にレイクを利用させてもらったのですが、身分証明書のみの提出で融資限度額10万円まではすんなりと契約することができました。限度額が低いと思われていても一度審査が通り、契約事項を守って利用していればレイクの方から限度額増額の相談がされますので低い融資限度額でも契約し、契約事項を守っていることをみせれば増額に繋がっていくように思います。

さらに、各消費者金融会社には特色があるのでそれを踏まえてキャッシングを利用されるのが一番の得策ではないかと思います。例えば、レイクであれば借入日から30日間無利息でコンビニATMからの借り入れ返済の手数料がかからないという特徴があったり、アコムでは契約日の翌日から30日間は無利息というように会社によりキャッシングを利用する際の特色があるので、自分に一番合った契約内容を見つけてから契約をすすめることをお勧めします。