ココは抑えるべき!キャッシング業者の比較ポイント

初めてキャッシングをするならば、どの業者でも違いは無いと思っていませんか?実は初めてだからこそ抑えてほしい比較ポイントがあります。絶対にチェックしてほしいのが無利息期間の有無です。キャンペーンを含め、その業者で初めてキャッシング申し込みをする場合は借入をしても金利がかからない無利息期間を設定しているケースがあります。このような特典はぜひ活用しましょう。

初めての借入から30日間無利息など業者によってややルールが違いますので、こちらもあなたのご都合に合ったところを選ぶと良いです。キャッシングの金利はすぐに全額返済するのであればそれほど大きいとは感じませんが、返済期間が長ければ長いほど金利が重くのしかかります。したがって、少しでも無利息の期間があるというのは大きいのです。ぜひ参考になさってください。

キャッシングの増額申し込みが認められる条件は

消費者金融のキャッシングでは、その限度額についてはある程度の実績を積むまでは低めに設定されるのが一般的です。そのため、消費者金融のキャッシングを初めて利用したという人に関しては当面の間は低く設定された限度額で我慢をするしかありません。

ただし、低めに設定された限度額に関してはある程度の回数、借入と返済の実績を積むことで増額申し込みができるようになります。借入と返済の回数を重ねていくことで信頼のおける人物であるとみなされるようになり、限度額を引き上げてもらえるようになるからです。

そのため、将来的にキャッシングの増額申し込みをしてみようというときには、くれぐれも返済の遅れなどがないように普段から心掛けておくことが大事になってきます。

プロミスのおとくらぶを利用してお得にキャッシング

せっかく利用するなら利息が安くて返済しやすい大手消費者金融でキャッシングしたいものです。プロミスでは30日間の無利息期間があったり、利息も上限でも17,8%と他より若干安くて安心して利用できる消費者金融となっているのですが、プロミスの良さはキャッシングの利便性だけではありません。

プロミスの利用者を対象におとくらぶというものがあって、飲食店やホテル、レジャーランドなどが割引価格で利用できるようになります。

対象となるお店は決まってはいますが、ピザーラやドミノ・ピザなど身近なものも多くあって、Lサイズが500円オフになったりと結構な額の割引ができるので、どの消費者金融で借りようか迷った際はプロミスがおすすめです。

キャッシングの申し込み

キャッシングの申し込みをする際には、必要事項を正確に記入することや必要書類の提出などが必要になってきます。ウェブから申し込みができるキャッシングを利用すれば、必要書類もウェブ上から提出することができます。例えば、免許証をスマホで写真を撮ってメールに添付して送付したり、アプリを使って書類を提出する方法もあります。

必要書類は、どんな状況でキャッシングを利用するかによって多少変わってきます。借入額が低い場合は、免許証だけでよい場合もあります。また本人確認書類や申し込みの記入によるものなどもあります。

ウェブの環境が整っている方は、やはりウェブを使って申し込みをするのがお勧めです。ウェブでの申し込みは、簡単ですし自宅に居ながらにして申し込むことが可能になるので便利です。

すぐに利用したいなら審査が早いものが良い!

キャッシングを利用したいと思う時というのは、急ぎの場合が多いかと思います。今回は審査が早いものを紹介したいと思います。

アコムやアイフル、プロミスなどを利用する時は、審査時間が最短30分ととても速いです。人に合わなくても、機械に身分証明を送るだけですので、簡単にできます。その代わり他のキャッシング会社よりは利息がとても高いです。

一時的に必要ですぐ返済できる方にはおすすめします。なぜかというと、初めての方に30日間は利息ゼロというサービスを行っているところが多いからです。返済方法も簡単で、コンビニなどからでも返済可能です。店舗に行って返済しなくても良いので、人の目を気にしなくてよいというのも魅力的です。ただし、ご利用は計画的にしましょう。

消費者金融が扱うビジネスローン系の傾向について

消費者金融でもビジネス関係のローンは扱っていますが、傾向としてはこのような感じだと思われます。

まず、事業者でないと借入ができないのは当たり前なのですが、金利面はやっぱり高めです。

不動産担保ローンもありますが、基本的には無担保、保証人不要でやっていますから金利面はやはりリスク管理面もあって高いです。

また、即日融資に関してはできないのが通常ですが、比較的審査から借入までの時間はやく3日くらいで早ければ借入ができるというのも難しくはありません。

来店といったものも大手の消費者金融なら不要です。 返済方法もコンビニのATMがつかえたりもしますので結構な種類があるといえましょう。

消費者金融であるからこそ、ビジネス関係の借金でも個人の借入に近い形で行っている感じです。

外出しているとき店舗にいかなくてもキャッシングできるプロミス

消費者金融業界の中でも、大手の老舗店として知られているプロミス。30日間無利息特典や瞬フリなど、利用者にとってありがたいサービスを次々提供しているので、多くの人から支持を受けています。さらにこの業者は外出しているとき、店舗にいかなくてもキャッシングすることができるのです。スマホATMのサービスによって、カードを利用しないで借入することが可能です。

プロミスのスマホATMのサービスはどのように利用するのでしょうか。まず、プロミスのサイトへログインしてスマホATM取引をクリックします。その後、出金の選択をしてQRコートを読み取ります。

それにより、表示された企業番号とワンタイム認証番号をセブン銀行ATMの取引画面へ入力して借入の手続きを進めていきます。

賞与支給後に効率良く返済するなら!

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンは、繰り上げ返済するほど翌月の利息が減り、元本返済の割合が高くなります。その結果、総返済額を大幅に抑えることも可能です。特にまとまった金額を返済するといった場合、賞与支給を利用する人が多いと思います。

もし、賞与支給後に忘れずに返済したいという場合ならインターネット返済やネットバンキングからの振り込みを活用するのがおすすめです。インターネット返済ならスマートフォンからその場で手続きができ、ネットバンキングの振り込みなら返済先や返済額を設定して自動返済も可能です。

この方法なら追加返済を忘れる方、ついつい無駄使いする方でも効率良く返済でき、トータル的に返済額も抑えられます。

SMBCモビットでキャッシングする時の注意点は?

SMBCモビットは三井住友銀行グループの傘下に入っている大手の消費者金融でWEB完結申込を利用すると電話連絡が一切なくなります。それで自宅や勤務先に電話がかかってこないので家族や職場の人に内緒でキャッシングをする事が出来ます。しかし注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

SMBCモビットは大手の消費者金融なので上限金利が18%と高く設定されています。高金利なのはアコムなども同じですが、モビットは無利息サービスがないので初めて利用する人でも初回の借り入れから利息が加算されていきます。

それで返済する時に負担がかかる事もあるので借入額のコントロールはしっかり行うようにしましょう。また返済する時はなるべく早めを心掛けましょう。

プロミスで借り入れする魅力は「業界低水準の上限金利」

大手消費者金融として代表格である「プロミス」ですが、他の消費者金融と比べてどこが違うのでしょうか。

プロミスで借り入れする魅力と謂えば、なんと言っても「消費者金融業界では低水準の金利」であることです。他の大手消費者金融の上限金利は18%というところが多いですが、プロミスは「17.8%」と0.2%低く借り入れすることができます。

「たかが0.2%かよ」と思う人もいると思いますが、この0.2%は借りる額や年数によっては大きな差が出てきます。しかし、プロミスの欠点も金利にあります。上限金利は低いのですが、下限金利が4.8%と高めです。他の大手消費者金融は3%から4.5%のところが多いのですが、下限金利はプロミスの方が高く設定されています。