利息分を考え上手くキャッシング先を選ぶには

買い物やサービスにてカード決済が不可能かつ現金のみ支払い可能な料金が発生した場合、その支払期限が喫緊であり、かつ手元に支払えるだけの現金がとても足りないといったケースにおいて、キャッシングによる現金引出しが最も活躍すると言えるでしょう。

キャッシングは消費者金融あるいは銀行系のカードローン、あるいはクレジットカード会社のカードローン機能を利用して、短時間の審査に通った後、最寄りの専用ATMから直接現金を引き出せるというサービスです。

カードによって現金を引出す段取りは自分の口座からキャッシュカードを用いてお金を下ろす段取りに一見良く似ていますが、カードローンの場合は明らかな借金であり、その後はその金額に利息分を併せた返済義務が生じます。

この事を軽んじて返済不可能な額をキャッシングする事は絶対に避けなければなりませんし、そもそも事前審査で落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

キャッシングで借りたお金の返済方法としては、一般のクレジットカード決済の様に一括返済と数回以上に分けた分割返済に分けられます。もちろん利息分の返済額上乗せを考えれば一括返済で済ますに越した事はありませんが、やむを得ぬ理由によりそれ以上の額を借りざるを得なかった時は分割返済も想定すべきです。

現在、それらの利息に関しては各会社共それ程大きな違いはありませんが、それでも比較サイト等をチェックし、少しでも自分に有利な利息や金利システムを採用している会社のキャッシングを利用した方が良いでしょう。

カードローンを利用するときは、必ず計画的に!

急遽引っ越しすることになり、貯金もあまりなかったうえに生活費に困り、車検などもかさなってしまってどうしても足りなくなってしまったので、カードローンを利用してしまいました。
不必要なものをオークションで売ったり、リサイクルショップなどにも持って行きましたが足りず、カードローンを利用せざるを得なくなってしまいました。

本当にお金がなくて必要だったので、すぐに現金を借りられるというのはすごく助かりました。しかし、現金が手に入ったと錯覚してしまいがちで、あればある分だけ使ってしまいそうになってしまいます。その場しのぎだけです。
返済は利子も高いですし、利子ばかり払っているような感覚で、借金だけが残っているような状態です。返しても返しても残額が全然減らないのです。
借りるときは必ず計画的に、必要な分だけ借りるようにした方がいいと思います。いざという時にはすぐに借りられて便利ですが、借金をしているということを忘れないようにしないといけないです。

本当にキャッシング、カードローンをしてまでお金が必要かどうかを改めて考えてみてください。
キャッシングやカードローンをしているということは、借金をしているのと同じことなんです。借りても返済できるかどうかを必ず考えてから借りるようにした方がいいですよ。

キャッシングは意外と身近なもの

キャッシングは難しいものではなく最近ではインターネットからの申込で24時間365日受付可能で、申込みからキャッシングまで一度も家から出ることなく完結することも可能です。

例えば大手の消費者金融であれば、インターネットで申込むと必要書類は全てアップロードすれば良いのでわざわざ郵送は不要ですし、WEB完結型であれば在籍確認の電話やキャッシングカード自体も発行する必要がなく手軽です。

また在籍確認の電話自体も職場や自宅に掛かってきても本人以外には社名や目的などを話すことは絶対にしないため、周りに知られてしまう心配はいりません。

本人確認まで済んでしまえばすぐにキャッシング可能ですが、基本平日の午前中までに申込みが完了し当日内に全ての手続きが済めば即日指定口座に振り込まれたりと、対応はとてもスピーディですので急な出費でお困りの方でも安心です。

返済についてもキャッシング開始から30日以内であれば利息なしで返済可能なため、一時的なキャッシング利用であれば給料日に完済してしまえば余計な手数料を支払う必要がなくなります。返済日の指定や返済金額も余裕があるときに増額して返済可能なので、きちんと自分で返済プランを計画していくことが出来ます。

キャッシングは利用者によって使いやすく安心な仕組みになっていますので、キャッシングを利用したことがなく不安になっている方にとっても身近に感じながら利用できるはずです。

キャッシング会社を選ぶポイント

キャッシングはお金が無くなった時にスグ使えることが最大の価値と言えます。ですからキャッシング会社を選ぶときにはATMがたくさん利用できる所が便利です。

最近はコンビニのATMが非常に多く普及していますから、近所や職場など普段よく通っている所の途中にコンビニがある場合には、活用するととても役立ちます。

また、ATMの手数料が少ないところを選ぶとベストです。毎回取引をする際に手数料が発生するキャッシング会社もありますので、そこは申し込みをする際にちゃんと調べておくことが大切です。

申し込みをするときには、どうしてもお金を早く借りたいですとか、審査に通るだろうかというような不安が渦巻いているため、利用するときの利便性であったり、手数料のお得さといった部分が気が付かないこともよくあります。
ですから、申し込みをする際には、いったん冷静になって、ATM手数料の内訳と年間の利息の部分は把握しておいた方が良いでしょう。
しかしながら、多くのキャッシングでは利息の額はそれほど変わりませんので、メインになるのはATMの手数料だと言えます。

いくら利息が安かったとしても、ATMを使うたびに手数料が発生してしまうと利息よりも高い金額を支払ってしまうという結果になります。

消費者金融から銀行カードローンに変身したレイクの魅力

ある程度の年代より上の方にとっては、レイクというと消費者金融のイメージが強いかもしれません。実際、昔はレイクは消費者金融の一つでした。しかし2011年の10月に新生銀行に事業が譲渡され、現在では銀行カードローンの括りになっています。

レイクの正式名称は「新生銀行カードローンレイク」です。名前の通り、新生銀行のカードローン商品です。消費者金融時代と比較すると、銀行カードローンに変わったことによってより低金利での融資が見込めるようになっています。

また、銀行カードローンの最大の特徴の一つである、総量規制対象外というのも魅力の一つです。消費者金融のカードローンでは、総量規制によって年収の3分の1以上の借入が出来なくなっています。しかしレイクは銀行カードローンである為、それ以上の金額の借入も不可能ではありません。もちろん年収の3分の1以上の融資を受ける為にはきちんと審査に通過する必要がありますが、審査さえ通ればより高額な借入が出来るというわけです。借入金額が大きくなれば適用される利率も低くなるのが一般的なので、借入金額の割に返済負担を小さく抑えやすい点もメリットとなります。

レイクを初めて利用する人なら、30日間の無利息期間サービスが受けられるのもうれしい点です。銀行カードローンでありながら手厚い無利息サービスが利用できるのは、元消費者金融のレイクならではと言えるかもしれません。

キャッシングの在籍確認について

キャッシングの申し込みを行う前に「在籍確認」が気になるという人も多いと思います。

キャッシングを申し込みお金を手に入れるためには、金融機関が実施する審査を通過する必要があります。

定職があることがキャッシングの審査を合格するための大事なポイントになりますので、ほとんどの場合、在籍確認が行われます。

キャッシングをする事を、職場の同僚に気付かれたくない人は心配になるかもしれません。

例えば銀行でキャッシングをする時は、審査の過程で銀行から職場へ在籍確認のための電話が掛かってきます。

その時に銀行は、銀行名を名乗り在籍確認を行います。

銀行はお金を借りるだけの場所ではありませんので、銀行名を出したとしても職場の人たちにネガティブな印象がないため安心です。

消費者金融でキャッシングをする時にも、在籍確認の電話が職場に掛かってきます。

しかしその時は、消費者金融の担当者の個人名を出して電話を掛けます。

そのため取り次いだ人も、消費者金融からの電話だとは思いません。

会社にキャッシングの事実を知られることもありませんので安心です。

このような金融会社の配慮があるため、在籍確認を過剰に恐れる必要はありません。

また架空の企業や、実際に在籍していない企業名を出すと、審査に落ちてしまいますので注意しましょう。

消費者金融で収入証明書不要で契約するためには

アコムやプロミス、アイフルなどの大手消費者金融のカードローンは一定の条件を満たして契約申込みを行うことで収入証明書の提出が不要で契約ができるので、急いで契約したい場合や収入証明書の入手が難しい場合などに便利です。収入証明書の提出を不要として契約するための具体的な条件についてみていきましょう。

アコムやプロミス、アイフルではいずれの会社でも、

1.利用限度額を50万円までとして申込みを行うこと

2.他社債務の金額と申込み時の利用限度額の合計額が100万円を超えていないこと

この2点の条件を満たして無担保型カードローンの申込みを行うことで、収入証明書の提出は省略して契約が可能となっています。ただし運転免許証などの本人確認書類は提出が必須なのでしっかり用意しておきましょう。

楽天銀行スーパーローンのメリットとデメリット

銀行のカードローンは金利が低い反面、他のサービスはイマイチ、と感じる人は少なくないと思います。そんな不満を解消してくれるのが、ネットバンクのカードローンです。実店舗がないので、当然ながら来店不要で手続きできます。

ネットバンクの中でも、利用者が急増しているのが楽天銀行のスーパーローンです。金利は1.9%~14.5%とメガバンクのカードローンと同じレベルです。最大利用限度額は800万円。銀行系なので、総量規制の対象外となっています。

スーパーローンのメリットの一つは、申込みと同時に楽天銀行の口座を開設すると、30日間の無利息サービスを利用できることです。銀行系のカードローンで無利息サービスを行っているところは少数派。新生銀行レイクやジャパンネット銀行は無利息サービスを行っていますが、この2行は最高金利が18%と消費者金融と同じ高さなのです。金利が低く、無利息サービスを利用できるのは、楽天銀行ならではのメリットです。

さらに、スーパーローンに入会するだけで楽天ポイントがもらえたり、借り入れ・返済状況によってもポイントが付与されるなど、他社にはないメリットもあります。楽天市場を利用している場合は、かなりお得になります。

デメリットは、即日融資には対応していないこと。借り入れまでに余裕がある人には、楽天銀行のスーパーローンはお勧めです。

超低金利が魅力の近畿ろうきんの「笑くぼ」

近畿地方にお住まい(お勤めの方も含む)の方でとにかく低金利でお金を借りたいなら、近畿ろうきんの笑くぼというカードローンがオススメです。融資限度額30万円・50万円・100万円と少なめですが、金利が年7.9%とプレミアムカードローン並みの低さとなります。

笑くぼへの申し込み条件は、まず近畿2府4県にお住まいかお勤めの方で、満20歳以上65歳未満の方です。さらに年会費無料の近畿勤労者互助会に入会し、近畿ろうきん指定の保証機関の保証が受けられることです。ちなみにパートやアルバイト、主婦の方でも50万円まで申し込めます。

笑くぼへの申し込みは、公式サイトの「仮申し込み」から行います。仮審査回答は最短即日でもらえます。その後申し込み書が郵送されて来て、記入して返送します。そしてカードが郵送されて来てからの利用開始となるので、最短でも申し込みから2週間はかかってしまいます。

借入や返済は提携ATMだけでなく、インターネットバンキングでも可能です。ちなみに提携ATM手数料は後で口座にキャッシュバックされるので、実質無料となります。また毎月の最低返済額は、各コース5000円・10000円・15000円と楽々返済可能な金額に設定されています。

秘密に関わる点を電話で相談

キャッシングの審査では、しばしばプライバシーが重視されます。なぜなら人によっては、誰かに内緒で借りたいと思っている事もあるからです。

よく見られる事例としては、親族に対する秘密です。お金を借りようとは考えているものの、色々と人間関係に関する問題があって、あまり親族には知られたくないと思う方も見られる訳です。

ところで審査の段階では、いわゆる確認作業が行われる事になります。その際にしばしばポイントになるのが、職場に対する電話です。

基本的にキャッシングの会社では、会社に対して電話をします。中には電話が省略される金融会社もあるのですが、今なお多くの会社は電話で確認をしているのです。本当に会社で働いているかどうかを、電話でチェックする必要があるからです。

そして前述のように秘密を重視している方々となると、それが困るケースもあるのです。会社に内緒で買いたいと思う方などは、電話が来ると困ってしまいます。

しかし、実はそれも金融会社に相談可能なケースがほとんどです。と言うのも誰かに内緒にしたいとのニーズは、世間では非常に多いです。そのニーズに応えるべく、金融会社としては申し込み者からの希望に応じてくれているケースも見られます。

ですので会社には内緒にして欲しいと思うなら、それを金融会社に伝えてみると良いでしょう。申し込み者からの希望は、電話で受け付けています。色々と方法を工夫して、秘密が守られるように配慮してくれるケースも多いですね。

キャッシングの返済は早めることもできる

消費者金融などのキャッシングの返済は決められた返済日に一定の金額を返済していくことで計画的に完済まで行えるようになっているため、金融機関によって最低返済額が決められています。

最低返済額は借り入れ額が多い場合でも利用者に負担が少なくなるように返済回数などを増やし無理のない範囲で決められることになりますが、この返済額は最低額であるためそれ以上の金額で返済を行なうことに関しては手続きをすることで簡単に行うことができ、それによって返済がより早く済めばその分、利息額に関しても少なくて済むことになります。

逆に月々の最低返済額を支払うことができない場合には、金融事故となってしまうケースもあり利用者の信用情報に傷がついてしまうおそれもあるため、その後のローンの利用などが難しくなってしまうこともあります。

キャッシングの利息は日割り計算で算出され、日々追加されていくため余計な利息を払いたくないという方は一日でも早く返済してしまうことで出費を抑えることができます。

なんとなく返済額までに払えればいいやと考えていると無駄な利息を払うことになりかねません。

最近ではアプリなどからインターネット返済が可能な会社もあるので、手間をかけずに追加返済や一括返済を行なうことも可能なのです。

名古屋銀行カードローン 新ミニマム

名古屋銀行にはカードローンの「新ミニマム」というものがあります。

このカードローンは利用の仕方によってはかなり大きく利便性が変わってきます。

見た目のスペックは200万円までの借入限度額と固定金利10.5パーセントという内容ですから、あまりスペック的にはよくないようにも見えます。

ただ、この条件であるのなら、低い借入限度額なら通常の銀行系カードローンの金利よりも低いものですからかなり利便性は高いといえます。

さらにお勧めなのが、名古屋銀行をメインに使っている場合です。

給与口座として利用がされている場合には、金利が年7.5パーセント、住宅ローンの利用がある方には年5.5パーセントと破格の金利待遇になるように設定されています。

この適用を受けるのは、インターネットからの仮申し込みが逸すになりますが他の銀行にはほとんどない好条件です。

利用条件は厳しい側面もあるようで、本人が2度ほど来店をすることが必須のようで、さらには借入までの時間はかなりかかるようです。

ですが、名古屋銀行でかなり長い間利用がある方で、勤続年数が長かったり、上記の金利優遇が受けられるような

条件が整っているようでしたら、大きな利用価値があるといってもいいでしょう。

キャッシングには地方銀行という選択肢も

短期間で借入ができるカードローンの利用を考える際には、大手の銀行や消費者金融をイメージする方も多くいますが、それ以外の選択肢として地方銀行を利用する方法もあります。

地方銀行でも全国規模の大手銀行と同じようにカードローンを扱っているところも多く、大手銀行と同じ金利でサービスを提供しているところもあります。

その土地に住んでいることなど、申し込みに際して条件を設定している銀行もありますが、利用者が限られてくるぶん申し込みの倍率も大手と比較すると低くなり、お得なキャンペーンや条件などを用意するなど、利用しやすい環境を整えている地方銀行もあります。

金利面などを考慮するのであれば、安易に消費者金融を利用する前に地方銀行という選択肢も視野に入れてみましょう。

学生でも条件を満たせばキャッシングができる

学生がキャッシングをすることは可能てすが、20歳以上で安定した収入があることが前提です。

また、キャッシングをする際に親の同意が必要かどうか悩む学生も多いと思いますが、成人をしているので親の同意は必要ありません。

しかし一部の銀行などでは、同意書を必要とする場合もあります。

また、学生がキャッシングするときには親の連絡先を聞かれるようです。これは返済が滞ってしまったり、連絡がつかなくなってしまった場合のために聞かれます。

また、連帯保証人に関しては安定した収入がないときには親になってもらいますが、連帯保証人は原則不要です。

そして学生がキャッシングするときには、社会人が勤務先を確認される在籍確認と同様に、実際に働いている先の在籍確認をされます。

アコムは利点が多い消費者金融です

誰でも知っていると言っても過言ではないぐらいの消費者金融であるアコムですが色々と特徴があります。アコムの最低金利は4.8%であり、最大金利は18.0%となっていますが、最大金利を見ればこれは利息制限法の上限ということになりますので別に安いというわけではないです。

しかし、サービス面や使い勝手という点において、アコムというのはかなり優秀な消費者金融であるとなっていますので利用する価値は十二分にあります。以前から期間限定のサービスであった30日間金利0円が常設されたサービスということになりますのでこれがかなりお得に借りることができる理由と言えるでしょう。つまり30日間は基本的に誰でも金利がゼロ円で借りることができるということになりますのでこれが利点になります。

初めてキャッシングを借りるにあたって

上京した時に初めてキャッシングをしました。

凄い利子が掛かると聞きますしとても不安でしたが、借りないと生活出来る状態では無かったので、まず、銀行のキャッシングを利用しました。

電話にて事前に借りたい旨をお話して、審査をして近くの銀行のローン専用コーナーに行きました。

それから30分位の画面操作をして借りる事が出来ました。

ここまでの流れでおおよそ3日間ぐらいだと思います。

私は転職したばかりだったので少し時間掛かってしまったのですが、そうでなければもう少し早く借り入れが可能だと思います。

借りる金額によって毎月の返済額は変わると思いますが、私は大体毎月一万円位返すようにしています。

余裕が無いときは返済日までに1度一万円を返してまた引き出すような事もたまにはありますが。

でも自分のペースで返して行けば良いと思ってますが、もちろん借りすぎには気を付けないとと思います。

レイクALSAのストロングポイントを解説

新生フィナンシャルグループの新しいカードローンであるレイクALSAには他社にはない強みが幾つもあります。レイクALSAのストロングポイントを確認していきましょう。

・早く契約できる

レイクALSAはWEBで24時間申込みができる上に、申込みからキャッシングまで最短で60分でできます。急いで借りたい場合に便利です。

・カードレス契約が可能

レイクALSAではローンカードの発行がないカードレス契約にも対応しています。ローンカードの管理の手間や紛失のリスクを防ぐのに役立ちます。

・無利息キャッシング

初めてレイクALSAを利用する場合、「金額に関係なく30日間」或いは「5万円までの借り入れを180日間」無利息で借入ができます。

カードローンの無利息期間を最大限に利用したいなら

カードローン業者の中には、30日間など一定期間無利息となるお得なサービスを提供する業者は少なくありません。業者が設定した期間内に完済をすれば利息は一切発生しないので、本当にお得にカードローンの利用ができます。決められた期間を過ぎて完済する場合でも、一定期間の無利息となれば、その分支払う利息が少なくなるのでお得です。そんな無利息期間を最大限に利用するために知っておきたいのが、起算日です。

初めて借り入れをした日が起算日となる業者もあれば、借り入れの有無に関わらず契約の翌日から無利息期間が始まる業者もあります。起算日を知らなければ、気が付かない間に無利息期間が終わってしまうことがあるため、支払う利息を少なく抑えたいのであれば起算日に関する情報をしっかりと確認しておくことが大切です。

消費者金融と同等の金利となるクレジットカードキャッシング

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠は審査ののち後から付けることも可能となっています。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠と並行して利用することができるため便利ですが、金利の面から見るとキャッシングとしては高めの部類に設定されています。

大手のクレジットカード会社では上限金利が18%に設定されているところがほとんどで、これは消費者金融の金利設定と変わらない金利となっています。

単純にキャッシングを利用したい場合には銀行カードローンのように同様のサービスで金利の低い金融機関もあるため、クレジットカードを持っているからといって安易にキャッシングを行なってしまうと、返済額がかさんでしまうこともあるのです。

お金に困った状況を乗り越えられる即日融資のキャッシング

即日融資のキャッシングは、お金に困った状況を乗り越える事ができるので頼もしいサービスです。現在では多くの消費者金融が即日融資のキャッシングを実施しており、お金に困った方に対し、一定額の融資をしています。

申込を実施して、無事審査を通過することができた方に対し、即日融資をしています。注意しないといけないのは、即日融資を行っている消費者金融でも申込があまりにも遅い場合、融資が遅れてしまう恐れがあります。午前中までに申込を完了させる事ができれば、即日融資を受けられる可能性が高まるので安心です。

急な出費が発生してしまった時も即日融資のキャッシングを利用することで、困難な状況をなんとか乗り越えられるようになります。

少なからずアルバイトでもキャッシングを利用できる可能性

昔は正社員の方に対し、キャッシングサービスを提供することがほとんどでした。しかし現在は正社員の方以外にも条件を満たしている方は、キャッシングサービスを実施するケースが目立っています。特に多くのお金を獲得することができている方は、相応の金額をキャッシングで融資してもらえるので、お金に困った状況が発生した時も心強い存在として頼ることができます。

近年アルバイトという雇用形態でもたくさんのお金を稼げている方が多いです。そのような人物に対しても積極的な融資をすることで、安定した利益を生み出せるようになります。アルバイトだからといって、必ずしもキャッシングを利用できない訳ではなく、収入や信用情報などをチェックして融資可能か判断をしています。

アコムのカードローンの基本情報

大手消費者金融のアコムのカードローンは最短で即日借り入れに対応しているので急にお金が必要となったときに非常に便利な商品です。アコムのカードローンの基本情報などを解説していきます。

まず貸付条件ですが、2018年9月1日時点で800万円まで、実質年率は3.0%から18.0%となっています。同業他社のカードローンと比較すると融資限度額の高さに特徴が見られます。

またアコムの利用が初めての人がカードローンの契約をした場合、最大で30日間無利息での借り入れができます。無利息キャッシングサービスが適用されるためにはカードローンを契約し返済サイクルを35日ごとにする必要があります。これ以外の返済サイクルで契約をすると無利息キャッシングサービスが利用できないので要注意です。

申し込み時の心理的負担が少ないJ.Score(ジェイスコア)

キャッシングはとくに初めて利用する場合に、お金を借りてることや返済が必要になることへの心理的負担も少なくありません。

計画的に返済することができれば必要以上に不安を感じる必要もないのですが、借金をするということはそれだけで負担を感じるものです。

そのような場合にはキャッシングにAIスコア・レンディングを導入している金融機関、J.Score(ジェイスコア)を利用することで負担が軽減できるかもしれません。

J.Score(ジェイスコア)はAIによるスコア診断を通して利用者の信用情報に関するスコアを測定し、そのスコアに合わせてキャッシングが可能かどうかの判定や利息などが決まります。

診断はすべてAIが行なうためすぐに結果が分かり、スコア診断をしたら必ずキャッシングをしなければならないというわけではないので手軽に試すことができます。

カードローンの限度額と言うのは

カードローン限度額は人によって違う事になります。これは個人信用情報によって違う事になります。

銀行系であれば総量規制と言うのは適用されることはないです。これはあくまで貸金業法に関することであるからです。しかしながら、銀行系であれば年収の三分の一を超える貸付は十分に可能になります。ですがあくまで可能である、と言うことであり、そうしないといけない、と言うわけではないのです。カードローンのカードと言うのは財布に一枚忍ばせておく事によって、いつか役に立つ事があります。

そうすればいきなり資金が必要になったときなどに借りる事ができるようになります。限度額も大事でもありますがまずはそもそも借りる事が出来るのか、と言うから考えてみるとよいでしょう。

私の利用したプロミス体験談について

消費者金融を利用するにあたり、とても不安や心配があるとは思います。今回はそのような不安や心配があると言う形でどうしても消費者金融を利用しなければならないと言う形 方に向けて私の体験談をお話ししていきたいと思います。

かく言う私も、どうしてもキャッシングを受けなければならない状況にあったことがあります。私も同じように不安や心配事がありました。インターネットから申し込みをさせていただいたのですが、手続きはとても簡単であり、対応してくれたオペレーターやスタッフの方々がとても優しかったと言うことでそのような不安や心配がなくなりました。

消費者金融でお金を借りると言うことに抵抗感があった私はとても安心しました。初めてキャッシングを受ける方でも問題なく借りることが出来ます。