キャッシングの審査ってどんなことをしているの?

キャッシングを申し込むときにスピードとともに気になるのが審査に通るかです。審査結果次第では次の動きをしなくてはならないので、どんなことが審査されているのかは気になるところです。

実際は各社で多少は異なっていて、ケースバイケースのところもあるので絶対ではありませんが、多くの場合は本人が申し込んで使うものなのか、実在するのか、支払い能力があるかが大きなポイントです。まず、本人の申し込みで本人利用かは、あとで支払いの際にもめないためでもあります。

もし、逆に自分が知らない間に自分の名前で申し込みされていては困るでしょう。それを確認するためにも必要です。さらに実在する、居場所を明らかにするのは請求先をはっきりとさせるためです。そのため住所も本当に住んでいるのかチェックが入りますし、身分証の確認は法で定められています。

さらに大切なのは支払い能力ですが、定期的に一定以上の収入があること、それを裏付けるために勤務先も本当に働いているのかが審査されるのです。このように、本人申し込み、確実に連絡が取れる、支払い能力は欠かせない審査なのです。

キャッシングの借入審査について

キャッシングでお金を借りるには借入審査という関門を突破する必要があります。この関門を突破できなかった場合、残念ながらキャッシングのサービスを利用することができず目のお金の融資を受けることもできません。

ただし、キャッシングの借入審査は比較的基準が緩く、よほど属性の悪い人でない限り借入審査に落とされてしまう可能性はごくわずかです。

過去に何らかの金融事故を起こしていたり、キャッシングに申し込みをした時点で多額の借入金があるといった事情がない限り、基本的には借入審査に通過できるからです。

ただし、短期間のうちにいくつもの業者にキャッシングの申し込みをするのは絶対に避けておくようにしましょう。同じ時期に複数の業者にキャッシングの申し込みをする行為は借入審査にマイナスの影響があるからです。

プロミスを利用するのに保有しておきたい口座

大手消費者金融のプロミスのカードローンは銀行のカードローンなどと異なり口座開設は不要で利用できる利点があります。もちろん預金口座なしでも便利に借り入れができるのですが、もしもある特定の金融機関の預金口座を保有していればより快適に借り入れができるので、プロミスを利用する場合には預金口座の開設も検討することをおすすめします。

ある特定の金融機関の口座とは、三井住友銀行若しくはジャパンネット銀行の口座であり、プロミスの借入方法の一つである振込キャッシングで借り入れをする場合、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座への振込であればより便利に借り入れができるのです。

具体的には24時間振込キャッシングの手続きができ、手続完了後は10秒程度で口座へ入金がされる内容となっています。このサービスは「瞬フリ」と呼ばれていて急いでいる時に大変便利です。

お金の借り入れは即日行うことができるから便利!

皆さんは急にお金が必要になってしまう事はありませんか?私自身も急に結婚資金が必要になり、大変困ったことがありました。そこでどのようにしてお金を工面しようか考えたときに消費者金融から借り入れを行うと言うことを考えました。

初めての経験でとても不安だったのですが、大手の消費者金融と言うことで運営元がしっかりとしていますし、インターネットの口コミの評価を見てもとても信頼できるものでありました。

実際に私も借り入れを行いましたが、さほど難しい手続きをすることなく即日でお金を融資してもらうことができました。さらに借り入れする金額や借入先の消費者金融にによって利息がかからなかったり、利息がかかるまでの期間を延長してくれるものもあります。

皆さんもいろいろな消費者金融を見比べて、自分に合った借り入れ先を探してみると良いでしょう。

プロミスに申し込みをする時に確認しておきたいポイントは?

プロミスは申込をしてから1時間でお金を借りる事が出来る大手の消費者金融なので利用する人も多いです。しかし申し込みをする時にポイントになる点があるのでしっかり確認しておきましょう。

プロミスは申し込みをする時に本人確認書類の提出を求められます。また借入希望額が50万円以上の時は収入証明書の提出も求められます。申し込みをする前に必要になる種類をしっかり準備しておく必要があります。またプロミスは在籍確認をする時に勤務先に電話をかける方法で行うので不都合に感じてしまう人も少なくないでしょう。

勤務先に電話をかけられると仕事に支障が出てしまう場合は勤務先名が入った社会保険証と収入証明書を提出して在籍確認をしてもらうようにしましょう。

収入のない専業主婦でも借りられた

子どもが中学生になるときに制服や用品の注文で13万円ものお金が掛かりました。

一応きちんとそのお金は貯めていたのですが、実家の父が急遽入院することになりそのお金を使うことになりました。

お恥ずかしい話で、毎月ギリギリの生活をしている我が家はすぐに13万円のお金を準備することができませんでした。

お金は全て私が管理しているので旦那に相談する事も出来ず、ダメ元でレイクのキャッシングに電話相談しました。

というのも私は専業主婦で、収入のない私が借り入れができるわけがないと思ったからです。

主人の収入の確認、他に借り入れはしていないかなど聞かれました。

そして30分後には審査結果が出て、すぐに無人ATMに行き電話から一時間後には13万円借りる事ができました。

ちなみに借り入れ可能額は25万円でしたが、借りすぎてしまうと返済の心配があるし、次にいつお金が必要になるかわからないので必要な額だけ借りました。

今は一万円ずつ毎月返済をしています。

契約書は解約後も保管が重要!個人信用情報の情報間違い対策!

銀行や消費者金融のキャッシングローン、そのほかローン支払いでは契約情報や取引履歴が個人信用情報でも情報管理されています。個人信用情報は常に最新情報に更新されるものの、更新漏れが生じる可能性があります。情報の更新漏れは新たなローン契約に影響が生じてしまいます。

特に完済し解約済みの場合、事実確認のため、時間を要してしまうこともあります。しかし、解約した際には契約書の返送を希望し、保管管理することで速やかに対応することが可能です。契約書は手元に残したくない、家族に知られるリスクを避けたいということはあるものの、将来的に不利益を被るリスクを考えれば契約書は保管するのが重要です。むしろ、ローン審査に通過できない理由を詮索されるよりも安心は得られます。先ずは、契約先のミスを指摘できるよう証拠を残すのがベストです。

ココは抑えるべき!キャッシング業者の比較ポイント

初めてキャッシングをするならば、どの業者でも違いは無いと思っていませんか?実は初めてだからこそ抑えてほしい比較ポイントがあります。絶対にチェックしてほしいのが無利息期間の有無です。キャンペーンを含め、その業者で初めてキャッシング申し込みをする場合は借入をしても金利がかからない無利息期間を設定しているケースがあります。このような特典はぜひ活用しましょう。

初めての借入から30日間無利息など業者によってややルールが違いますので、こちらもあなたのご都合に合ったところを選ぶと良いです。キャッシングの金利はすぐに全額返済するのであればそれほど大きいとは感じませんが、返済期間が長ければ長いほど金利が重くのしかかります。したがって、少しでも無利息の期間があるというのは大きいのです。ぜひ参考になさってください。

キャッシングの増額申し込みが認められる条件は

消費者金融のキャッシングでは、その限度額についてはある程度の実績を積むまでは低めに設定されるのが一般的です。そのため、消費者金融のキャッシングを初めて利用したという人に関しては当面の間は低く設定された限度額で我慢をするしかありません。

ただし、低めに設定された限度額に関してはある程度の回数、借入と返済の実績を積むことで増額申し込みができるようになります。借入と返済の回数を重ねていくことで信頼のおける人物であるとみなされるようになり、限度額を引き上げてもらえるようになるからです。

そのため、将来的にキャッシングの増額申し込みをしてみようというときには、くれぐれも返済の遅れなどがないように普段から心掛けておくことが大事になってきます。

プロミスのおとくらぶを利用してお得にキャッシング

せっかく利用するなら利息が安くて返済しやすい大手消費者金融でキャッシングしたいものです。プロミスでは30日間の無利息期間があったり、利息も上限でも17,8%と他より若干安くて安心して利用できる消費者金融となっているのですが、プロミスの良さはキャッシングの利便性だけではありません。

プロミスの利用者を対象におとくらぶというものがあって、飲食店やホテル、レジャーランドなどが割引価格で利用できるようになります。

対象となるお店は決まってはいますが、ピザーラやドミノ・ピザなど身近なものも多くあって、Lサイズが500円オフになったりと結構な額の割引ができるので、どの消費者金融で借りようか迷った際はプロミスがおすすめです。