新生銀行レイクの無利息サービスについて

初めてのキャッシングで消費者金融を利用するメリットの一つとしてよく知られているのが、初回限定の無利息サービスです。消費者金融のキャッシングは銀行より利息は高くなりますが、この無利息期間をうまく使うことで、トータルの利息を抑えることができます。

新生銀行レイクは、この無利息サービスを行っている数少ない銀行の一つです。レイクのデメリットは、金利の方も消費者金融並みということですが、無利息サービスに関しては、借入金額全額が30日間無利息になるサービスと5万円だけが180日間無利息になるサービスのどちらかを都合に合わせて選べるようになっていて、人気を集めています。

少額の借り入れなら、レイクが断然お得になります。180日間無利息サービスを行っているのは、レイクだけ。長期間借りる必要がある人は、初めての申し込み先としてレイクを検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンを利用する際の注意点

借りたい時にいつでも融資が受けられるカードローンはとても便利ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。

まずは何より返済することです。借入金額に応じた利息が発生しますので借入する際にはしっかり返済プランをたてることが大切です。また無理な借入をしないことも重要です。もし返済が遅れてしまったり滞ってしまうと、その企業だけでなく他社へも情報が共有され他での借入も難しくなってしまいます。ですのでもし返済に間に合わない場合などは事前に連絡して事情を伝えるようにしましょう。

次に気をつけなければならないのは、知人や家族に知られてしまうことです。知られても問題ない方はいいのですが、あまり胸を張って発表したい事柄でもないでしょうしできればあまり知られずに済ませたいものです。一番気をつけなければいけないのは郵送物です。

これは今ですと、書類のほとんど全てをウェブ上で確認したり送付したりできます。契約時にバレにくくする項目などがありますのでより細かな点など注意したい場合はオペレーターに電話しながら契約するとより安心して借入ができます。

プロミスのおまとめローンを利用する際に覚えておきたいこと

プロミスでは他の金融機関からの借入を一つにまとめ、返済負担の軽減を図れるおまとめローンというローンがあります。プロミスのおまとめローンを利用する際に覚えておきたいポイントについて詳しくみていきましょう。

・総量規制対象外のローン

プロミスのおまとめローンは貸金業法に基づくおまとめローン商品ということで、ノンバンク系のローンではありますが、総量規制対象外とされています。そのため債務の総残高が年収の3分の1を超過していても利用ができます。

・おまとめできるののはノンバンク系の無担保ローン

プロミスのおまとめローンでおまとめができるのは、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングとなります。銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠はおまとめ対象外という点に注意が必要です。

プロミスのキャッシングなら即時振り込みのサービスがあるので安心

消費者金融のキャッシングは銀行からの融資と比べてお金を借りられるまでのスピードが早いという特徴があります。待たされることなくすぐに必要なお金を調達できるのが消費者金融のキャッシングではありますが、曜日や時間帯によっては指定しておいた預金口座にお金が振り込まれるのが翌日以降に先送りとなってしまうこともあります。

しかし、プロミスの瞬フリと呼ばれるサービスでは、対象となる預金口座はとても限定的ですが振込を申し込んだ瞬間に即時振り込みが行われるので、急いでいるときでも慌てずに済みます。お給料日前などに手持ちの現金が不足しがちだという方は、いざというときのためにプロミスのキャッシングをすぐに利用できるようにしておいてもいいかもしれません。

モビットをはやく契約するのポイント

SMBCモビットのカードローンは最短で申込みを行ってから即日融資を受けることが可能な便利なカードローンです。しかし即日融資を受けるためにはいくつかのポイントを抑えて申し込みを行うことが肝心になります。そのポイントについて詳しくみていきましょう。

まず申込みに方法についてですが、いつでもすぐに申込みができるインターネット申込みを行うことをおすすめします。またインターネットから申込みを行った後はプロミスのフリーダイヤルへ電話をかけて急いでいることを伝えることが大きなポイントとなります。電話をかけることで優先的に審査を始めてもらえるので、素早い審査完了が期待できるのです。

なお即日振り込みで融資を受ける場合には14時50分までに振込手続きを完了させる必要があることを覚えておくと良いでしょう。

京都銀行カードローンWを使うといい人について

京都銀行カードローンWを利用するのに向いているのは次のような人です。

まずは、営業エリアに住んでいて、口座を持っている方です。

営業エリアでないと利用が厳しいものですが、口座があれば来店不要ですので口座を持っている人は特におすすめです。

また、ある程度多めのお金を借入したい方も向いています。

京都銀行カードローンWは基本的な金利設定も低く、設定上金利が安くなる額もかなり低いですから

少額よりもそこそこ高めの額を借りる方にはちょうどいいでしょう。 どちらかといえば年収の安定性や勤続千数が多い人向けの側面もあります。

後は、借入までの期間が通常の銀行よりも長いですから、すぐに借り入れしなくても大丈夫な人の方がいいでしょう。

プロミスで申し込みをしてから1時間でお金を借りる時の2つの注意点

プロミスは申し込みをしてから1時間でお金を借りる事が出来る消費者金融なので金欠の状態になっていて生活に困っている人がよく利用しています。しかし申し込みをする時に問題が発生してしまうとお金を借りる事が出来るのも遅くなってしまいます。そこでプロミスで申し込みをしてから1時間でお金を借りるために注意したい点を確認していきましょう。

・ネットで申し込みをして自動契約機でカードを受け取る

プロミスの申込方法は店頭窓口、自動契約機、ネットがありますが、自動契約機でカードを発行してもらうと一番早くお金を借りる事が出来ます。しかし最初から自動契約機で申し込みをしてしまうと審査をしている時に自動契約機の中で待機しなければいけなくなります。それで無駄な時間が発生してしまうので最初にネットで申し込みをして審査をしている時に自動契約機に行くとスムーズにカードを発行してもらえてお金を借りる事が出来ます。

・午前中に申し込みをする

午後や夕方に申し込みをすると混雑している事もあるので審査回答が遅くなってしまう事があります。それで申し込みをしてからお金を借りるまで時間がかかる可能性があります。申し込みをしてから1時間でお金を借りるためには比較的空いている午前中に申し込むようにしましょう。

アイフルのファーストプレミアムカードローンの特徴と概要

アイフルでは比較的安定した職に就いていて返済能力が特に高いと考えられる利用者向けにお得度の高い「ファーストプレミアムカードローン」というVIP仕様のカードローンの取り扱いがあります。ファーストプレミアムカードローンの特徴や概要について確認をしていきます。

・金利と利用限度額

2018年1月5日時点で実質年率は4.5%~9.5%、融資限度額は100万円~500万円までとされています。アイフルのキャッシングローンの実質年率が4.5%~18.0%であることと比較すると圧倒的に金利面に優位性があることがわかります。

・30日間利息0円で借り入れができる

アイフルでは初めての利用者がキャッシングローンを契約すると最大で30日間無利息で借り入れができるキャンペーンが実施されていますが、ファーストプレミアムカードローンも同様に30日間の無利息キャッシングキャンペーンの対象ローン商品となっています。

・担保などは不要

ファーストプレミアムカードローンは低金利のローンではありますが、担保も連帯保証人も不要となっているので気軽に申込みができます。

・知られずに契約ができる

ファーストプレミアムカードローンはインターネットから申込みができますし、日時を指定して自宅でローンカードの受け取りができるので、人に知られずにカードローン契約ができます。

銀行のキャッシングの無利息サービスについて

初めてキャッシングをする際には、銀行と消費者金融のどちらに申し込んだらいいのか、迷う人は多いと思います。一般的に、金利の低さで選ぶなら銀行、急いでいるので、スピードを重視するなら消費者金融、と言われています。

大手銀行のキャッシングの最高金利は14%前後ですが、消費者金融は18%前後。数年かけて返済する場合は、4%の違いは大きく影響しますが、大手消費者金融のプロミスやアコム、アイフルでは初めての契約に限り、30日間無利息サービスを行っています。期限内に返済できるなら、消費者金融のキャッシングをした方がお得になります。新生銀行レイクとジャパンネット銀行でもの30日間無利息サービスを行っています。が、残念ながらどちらも最高金利は18%と消費者金融と同じレベルとなっています。

金利が低く、なおかつ無利息サービスを行っているのが、楽天銀行のスーパーローンです。

キャッシング申し込み時に楽天銀行の口座も一緒に開設し、楽天銀行スーパーローンの返済口座を楽天銀行に指定すると、30日間の無利息サービスが適用されます。最高金利は14.5%なので、かなりお得です。楽天IDを持っている場合は申込み方法も簡略化されるので、楽天銀行のスーパーローンは利用者増加中となっています。

今レイクが借入のチャンス!その理由とは?

新生銀行のカードローンであるレイクが、2018年3月を持って新規貸付を停止し新会社に移行すると発表されました。これをみると儲かっていなかったのかと思われるかもしれませんが、営業利益は伸びています。では儲かっているのに何故辞めるのかと不可解さは残ります。

この背景には現在銀行カードローンに対する風当たりの強さが考えられます。今年も自己破産者数が続伸し、これは銀行カードローンが原因だと金融庁から名指しで指摘を受けています。最初は指導のみだったのが立ち入り調査まで入るようになり、この辺りで見切りを付けようと経営陣が考えたものと推察できるのです。

新生銀行はレイクを辞めると発表したのに、今もテレビCMは放送しています。これは来年の3月まで貸せるだけ貸して新会社に移行しようと目論んでいるのが分かります。レイクは銀行カードローンなので総量規制の対象外です。年収の3分の1までしか借りられないという制限がないので、今が最大のチャンスだと言えるのです。

今レイクは最後の稼ぎ時だと新規貸付に力を入れていると推察できます。ですからなるべく多くの金額を借りたい審査にちょっと不安のある方に、レイクは絶好の借入のチャンスだと言えるのです。