アコムのおまとめローンの3つの審査基準

アコムは即日融資を受ける事が出来るおまとめローンを用意しているので複数の消費者金融から借り入れをしている人が一本化するために利用する事が多いです。アコムのおまとめローンを利用するとすぐに返済しやすい環境を整える事が出来ますが、審査が可決されないと契約する事は出来ません。そこでアコムのおまとめローンの審査基準を確認していきましょう。

・月1回以上の収入を得ている

給与収入、事業収入など自分で稼いでいて月1回以上の収入を得ていると返済能力があると判断されてアコムのおまとめローンの審査に可決されます。しかし自分で稼いでいても数ヶ月に1回のペースで収入を得ている時は返済能力に疑問を持たれてしまうので審査に落ちてしまいます。月1回以上の収入を得ている事がアコムのおまとめローンの審査基準になります。

・信用情報に問題がない

アコムのおまとめローンの審査では信用情報を確認して過去の返済について調べます。それでクレジットカードの取引履歴などを確認して滞納していたなど問題があると審査に落ちてしまいます。信用情報に問題がない事がアコムのおまとめローンの審査基準になります。

・他社からの借入件数が4件以下

アコムのおまとめローンは他社からの借り入れを一本化するために利用する事になりますが、借入件数が5件以上あると審査に落ちてしまいます。他社からの借入件数が4件以下である事もアコムのおまとめローンの審査基準になります。

プロミスの無利息サービスが優れている点は?

無利息サービスを提供している消費者金融はアコム、プロミス、アイフル、ノーローンなどがありますが、プロミスを無利息サービスが一番優れていると言われています。それで適用対象となっている初めてキャッシングをする人はプロミスを選ぶ事が多いですが、どのような点が優れているのか見ていく事にしましょう。

・適用開始が初回借入日の翌日から

アコム、アイフル、ノーローンは無利息サービスが適用された時に契約日の翌日からサービスが開始されます。それで早くお金を借りないと無利息期間が減ってしまうので不都合になってしまう人もいます。しかしプロミスの無利息サービスは適用開始が初回借入日の翌日からになっています。それで早くお金を借りなくても無利息期間が減らないので不都合になる人はほとんどいません。

・自宅への郵送物が一切なくなる

プロミスの無利息サービスが適用される条件の中にWEB明細を選択するという項目があります。それでプロミスでキャッシングをして無利息サービスが適用されている時は利用明細書はWEB上で確認する事になるので自宅への郵送物が一切なくなります。キャッシングをする時は家族に内緒にしておきたいものなので自宅への郵送物が一切なくなるのは大きなメリットになります。

楽天銀行のトラベルローンは旅行資金調達におすすめ

楽天銀行では旅行の際の交通費や宿泊費などをお得に調達できるトラベルローンというローンサービスの取り扱いがあります。旅行へ行く予定があるにも関わらず予算が不足しているという場合には無理なく旅費の調達ができるので利用をおすすめします。

楽天銀行のトラベルローンは利用限度額が最高で100万円まで、金利は固定性で年11.5%(2017年11月22日時点)という貸付条件となっています。

また毎月の返済額については借入額が50万円以下であれば毎月1万円の返済、50万円超の借り入れをしても毎月2万円に返済となります。固定性金利なので借入時に返済の計算が立てやすいですし、返済額も1万円若しくは2万円なので無理のない返済が可能と考えられます。

カードローン無利息とあっても注意は必要です

無利息、つまり利息を加算せず借りた金額だけを返済できるということです。借りる側としては大変嬉しい話ですね。しかし、全期間無利息のままでしたら、債務者は経営が成り立ちません。そのため、初めの一定期間だけ、無利息というサービスを売りにして集客しているのです。では、その無利息とはどういうものなのかをみていきましょう。

多くの金融会社が、初回借入から30日間の間が無利息期間としています。ようするに借りてから1ケ月以内に全額返済してしまえば、利息なしで済んでしまうのです。しかし、実際は手持ちがないから借りるという人がほとんどです。その点からも、無利息の文字に飛びつかず、返済金利をきちんと確認してから借りるように心がけていきましょう。

用意する書類が少ない利点がある

プロミスのキャッシングは、50万円までの借入であれば収入証明が必要ありません。

お金を借りる時には、必要になる書類の用意を行っておく必要が出てきます。ただ、書類が必要になれば、審査の申し込みをするまでにも多くの時間がかかってしまいます。できるだけ早く融資を受けたい人にとっては、ストレスになってしまうでしょう。

プロミスでは、50万円以内の借入であれば、用意する書類も少なくなっているので、融資への申し込みも早く行うことができます。即日融資を受けたい人にとって、得られるメリットは多くなってくるでしょう。

また、プロミスでは利用した後の30日間にわたって無利息になっているので、余裕をもって返済していくことができます。融資を受けたものの、当初の予定よりも返済に時間がかかってしまうと、利息を払うことになってしまいます。プロミスでは、30日にわたって無利息で借入することができるので、返済までにある程度時間がかかっても余裕を持つことができます。

当初予定していた以上にお金を用意するまでに時間がかかっても、動揺することなく利用していくことができるのです。プロミスは、何かと利便性が良い点が大きな魅力になっています。

カードローンに申し込める年齢について

カードローンは審査に通過して初めて契約できるわけですが、その第1次的障害である収入要件と年齢要件をクリアーして初めて審査に進めるのです。今回は年齢要件について解説します。

まずカードローンに申し込めるのは、満20歳以上の方のみです。一部の学生ローンでは18歳から申し込めますが、法定代理人(親)の同意が必要ですし、例外中の例外です。法律的にはどこの金融機関でも法定代理人の同意があれば未成年者でもカードローンを契約できるはずですが、いちいち確認するのが面倒なため契約できません。

一方年齢の上限は金融機関によって異なります。大手消費者金融では横並びで満69歳まで契約できます。銀行カードローンは満60歳~69歳と幅広くなっています。満70歳以上の高齢者は、いくら安定した収入がなってもなかなか貸してもらえる金融機関はありません。満70歳の方が借りられるのは、レイクとじぶん銀行カードローンくらいです。

ちなみに例えば大手消費者金融では69歳の時に審査に通っても、満70歳になった時に新規の借入はできなくなり、返済専用となってしまいます。ですからカードローンを契約するなら、なるべく若いうちに契約するのがベターだと言えます。

即日キャッシングの特徴と利用する上での注意点

お金がすぐに必要になったときにその日に借りる事が出来る即日キャッシングが魅力的と言えます。お金が足りない緊急事態は予測不可能なので、行き詰った時に即日キャッシングは、頼りになるものとして多くの人が利用しています。

即日キャッシングは、基本的に消費者金融の利用がベターで、消費者金融によっては最長で30日間、無利息で融資してくれる場合もあります。即日キャッシングを利用する場合にどこの消費者金融でも即日キャッシングによる振込が可能な時刻までに、契約の事務作業が終わって他に残っていない事が利用の条件になっているのでよく確認して利用する事が肝要です。

即日融資でも審査は行われますが、業者が最重要視している審査の条件としては、個人の信用についての情報です。以前にローンの返済の遅延や未納、自己破産などの事故が記録されていれば、即日融資の実行は無理と言えます。

自身のキャッシングの過去を改めて見返しておく必要もあると言えます。即日キャッシングは利便性が高く、便利なものですが立派な借金になるのである程度自分で計画を立てて返済を考える事が必要です。気軽に利用できるので、即日キャッシングは本当に必要な時だけの利用をおすすめします。

カードローンの特徴と注意点

カードローンは、生活でとても便利なものとして認知されていますが、無利息のカードローンは条件はありますが、無利息でお金を貸してくれるカードローンはいくつかあるので、利用する時にチェックしてみると良いです。カードローンを無利息で利用する時には抑えておくポイントがあります。

無利息サービスには、契約してから無利息期間がスタートする、初めて借り入れしてから無利息期間がスタートするという2種類があり、ほとんどのカードローンでは、契約してから無利息期間がスタートする事が多く、契約してすぐにお金を借りる必要があります。

カードローンをとりあえず契約してみて、30日間を過ぎると無利息サービスの恩恵は受ける事が出来なくなります。消費者金融業者によってそれぞれ異なるので、インターネットなどで調べておくと効率の良い利用が出来ます。無利息サービスのあるカードローンですが、スマホやパソコンから申し込めて来店不要や即日審査や即日融資などの魅力がありますが、条件をよく確認する必要があります。

即日融資などは審査の準備をして午前中などの早めに行く事でカーローンが利用出来るので急な場合でも対応してくれます。急にお金が必要な時に利用したいのがカードローンと言えます。

キャッシングの本人確認はどうやって行うのか

お金を借りたい時にいつでも借りる事が出来るキャッシングですが、キャッシングを利用する際には本人確認が必要不可欠です。

本人確認とは名前、生年月日、現在の住所が記載されている書類によって確認されるもので、主に本人確認として利用されるのが、運転免許証や健康保険証、またはパスポートです。

これらに記載されている住所と現在の住まいが異なる場合は、プラスして現在の住所を確認できる書類も用意する必要が出てきます。

そのため、公共料金の領収書や税金証明書、住民票の写しなどを用意しなければいけません。

しかも、いつのものでも良い訳ではなく、発行から半年以内のものでなくてはいけませんから、注意が必要です。

このような手間を省くためには、引っ越しをしたらなるべく早くに免許証などの住所変更をしておくことです。

また、本人確認はパソコンやスマホからでも行う事が出来ます。

この場合は、カメラで確認書類を撮影してメールに添付して送信します。

この時、必ずはっきりと文字が読み取れるように撮影する事が重要です。

また、混同されがちですが、職場に電話をかけるのは本人確認ではなく在籍確認のためになります。

本人確認は、書類さえきちんと用意すれば上記のようにWeb上でも完了する簡単な手続きだけで済むのです。

専業主婦でもキャッシングができました【キャッシング 主婦】

私は何年か前に体調を崩してから、ずっと専業主婦をしてきました。

そうさせてくれた夫には、感謝ですが、困ったことが起きました。

子供が、事故で入院してしまい、ずいぶん医療費がかかることになりました。

高額医療保障制度が、受けられることになりましたが、入金の前に病院へ支払いをしなければなりません。

家計を預かる私は、満期を迎えるまで、定期預金は崩したくありませんでした。

それで、つなぎにキャッシングを利用しようと思ったのですが、駅前にある消費者金融は専業主婦と申告すると

キャッシングの利用はできませんでした。

これ以上、夫に心配をかけるわけにもいかないと思い、そのことは話せませんでした。

友人に相談すると、専業主婦でもキャッシングができる銀行がないか探してみれば、とアドバイスをもらいました。

ネットで調べてみると、嬉しいことにキャッシングできる銀行がいくつかあることがわかりました。

家の近くの駅前の三菱UFJ銀行も、専業主婦のキャッシングをしてくれるそうです。

さっそく出かけました。メガバンクなので、安心して行けます。

窓口に行くと、親切に教えてくれ、その日のうちに融資してくれました。

金利も、14パーセントと、消費者金融などに比べるとお得でした。

こうして、高額医療保障制度の入金があるまで待たずに病院へ、医療費を払うことができて胸をなでおろしました。

夕方に入る取引先との飲食のための即日のキャッシング

営業関連の仕事をしているの日中の交渉事はもとより、飲食で取引先と信頼を重ねるということも度々あります。事前に日程がすでに決まっていれば、スケジュールはもとより交際費も準備ができています。しかし当日のその日の夕方になかなか断りにくい集まりができてしまうと渋々参加することになります。

何よりも十分な交際費を準備していない日もありますから、そんな日は夕方までに何とかしておかなければなりません。午前中に当日の夕方に飲食の集まりに呼ばれた際に慌てて利用したことがあるのが、即日キャッシングです。

申し込みをするとすぐに審査通過の返答があったので、速やかにローンカードを作成して借り入れができました。しかも初回は無利息期間があったので、次の給料の振り込みと同時に返済を終えて、一円も利息を支払うこともありませんでした。キャッシング会社からすると、初回はお試しであっても、利用する経験をもってもらうことでハードルを下げて、今後も利用の機会を持ってもらいたいということなのでしょう。

確かに計画的にさえキャッシングを利用することがが出来れば、一度にしかも突然の出費を分散させることができるので、とても便利な要素が多いと感じました。

早くお金を借りるなら消費者金融が良いでしょう

大して多額のお金ではありませんでしたが、お金が急に必要になってしまったときがありました。そのとき、急いでお金を借りるなら消費者金融しかないということがネットで判り、大手の消費者金融に申し込み申請をしました。

ネットを使って調べてみて即日融資を受ける条件は特に難しいものではないことが判りました。スマホで申し込みをして口座を持っている銀行の営業時間が終わるまで審査を含めた手続きが完了すれば良いだけです。スマホであれば24時間申し込みが可能だということも判りました。

そこで私は真夜中でしたが、自分のスマホで申し込みをしました。審査は翌日の午前中に行われました。午後の早い時間にはすべての審査も終えることができました。審査に落ちてしまえば元も子もありませんが、私はどうにか無事に審査に通ることができたのでした。

私は今の職場で正社員として働くようになって勤務年数が3年のサラリーマンです。給料は大して良くはありませんが毎月安定した収入はあります。他の金融機関からの借金もありません。こういったことで審査にも通ることが出来たのだと思います。借り入れ希望額として申請した金額は5万円でした。

その5万円は、その日のうちに私の銀行口座に入金されていました。キャッシングは銀行にもありますが、早くお金を借りる必要がある場合はやはり消費者金融が良いということが判った出来事になりました。

大手の消費者金融のWEB完結申込を利用する時の注意点

大手の消費者金融は自動契約機で申し込む事も出来ますが、最近ではスマホが普及してきた事でWEB完結申込を利用する事が出来るようになっています。申し込みから借り入れまでの手続きをネット上で完結させる事が出来るので来店不要でお金を借りられるのがメリットになります。また24時間いつでも手続きをする事が可能で他の人に内緒でお金を借りられるのでメリットになる点が多いです。

しかしWEB完結申込を利用する時は注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融のWEB完結申込を利用する時の注意点を確認していきましょう。

・申し込みをする時に情報を正確に入力する

WEB完結申込を利用する時は最初にホームページで必要項目を入力しますが、間違えた情報を入力してしまうと審査の時に不審に思われてしまい否決されてしまう事があります。また虚偽の申請をしたと判断される事もあるので申し込みをする時に情報を正確に入力しましょう。

・本人確認書類を準備をしておく必要がある

大手の消費者金融はWEB完結申込を利用する時でも本人確認書類を提出しなければいけません。スマホのアプリを利用して提出する事になるので運転免許証や健康保険証などを準備しておきましょう。

キャッシング比較はどこをチェックするか

キャッシングを行いたい時にはサービス内容を比較して選択する事が有効ですが、キャッシング比較では何を主軸にチェックする事が望ましいかは人によって違うものです。

お金を借りて返済するまでは出来る限り有利に使いたいものであり、ここで言う有利な使い方というのは出来る限り利息を払わずに安全に使いこなす事が望ましいと言えます。

そうなれば利息に着眼点を置いて金利が低い業者や利息ゼロ負担サービスを展開している業者を選ぶ事が有効と言えますし、実際に利息ゼロのキャッシングサービスを利用すれば利息の上乗せもなくキャッシング出来て有利であり、低金利キャッシングは利息負担額が小さくなりますから有効です。

審査に通る場合は低金利だったり利息ゼロキャッシングの業者を選択する事が有利ですが、そうした業者の審査に通らない事もありえますし、過去の返済歴に傷があったり何かしらの問題から有利なサービス展開している業者が使えない事もあります。

そういう場合は審査に通りやすいと評判の業者をチェックして、審査が柔軟な業者の範疇から比較していくと良いです。

審査が柔軟な業者の特徴としては高金利であったり利息負担が大きくなりがちですが、その中でも比較チェックしていけば有利な業者もありますから、状況に応じて業者を絞り込んで比較を重ねていけば有効に利用出来ます。

即日融資が本当で驚きました

キャッシングの即日融資はそんなに当てにはしていませんでした。
こういった謳い文句にいつも痛い目をみているので、経験上当てにしないほうが良いと思っていたからです。
まぁ即日融資してくれたらラッキーくらいの気持ちでいれば、即日融資してくれなくてもがっかりすることはないだろうと申し込んでみたら、まさかの即日融資でした。

こういった謳い文句が本当だったことが今までなかったからか、何故かかなり動揺してしまいました。
それで、どれくらいの人が即日融資してもらえたのか気になってネットで口コミなんかを見てみたんですが、申し込み時間などの公式ホームページに記載されている条件をクリアーしている人はほとんど即日融資してもらえるみたいですね。

一度に多くの人が申し込んで即日融資してもらえないということはあるようですが、比較的申し込みが少ないであろう日を選んで申し込みすればかなりの人が普通に即日融資してもらえるみたいでした。

これはとても有り難いですよね。
お金が必要だと思ってすぐ申し込んでも、なかなか融資してもらえないんじゃ必要な時までに間に合わないかもしれません。
ですが、即日融資ならその日のうちにお金が手元に来るので安心です。

お金が必要な時にすぐに借りられる、良い時代になったものです。

キャッシングを申し込んだときの本人確認について

キャッシングを申し込むと必ず本人確認(在籍確認)があります。これは申込者が間違いなく勤務先に在籍しているかどうかを、電話をかけて確認するものです。勤務先に電話をかけられることで不安に思う人もいるかと思いますが、このとき業者は絶対に会社名を名乗らず個人名でかけますので、社内の人にキャッシングしようとしているとばれることはありません。

本人が席を外しているときも、営業などで外に出ているとか、今日だけ休みを取っていて明日には出てくるのかわかりさえすればそれ以上のことを会社の人に聞いてくることはありません。こういう確認をするのは、申込者の中には退職したり勤めていない会社名を記入する人もいるからです。業者によっては、本人が電話に出た際に住所や生年月日を聞かれる場合もあるようです。

職場によっては、こういった電話でも社内の人に疑念を抱かれる場合もあるかもしれません。そのときは、あらかじめ社内の人に「クレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれない」と言っておいたほうがいいかもしれません。

それでも心配だという人は、電話確認が必要ない業者もあります。電話の代わりに提出書類で確認してくれます。運転免許証や健康保険証、源泉徴収票か直近(2か月)の給与明細などの書類が必要となります。

プロミスの申し込みをする時に自社の自動契約機と三井住友銀行のローン契約機のどちらを利用した方がいい?

プロミスは三井住友グループの消費者金融なので申し込みをする時に自社の自動契約機だけでなく三井住友銀行のローン契約機を利用する事も出来ます。そこでプロミスの申し込みをする時に自社の自動契約機と三井住友銀行のローン契約機のどちらを利用した方がいいのか見ていく事にしましょう。

・入室する時を考えると三井住友銀行のローン契約機の方がいい

プロミスの申し込みをする時に自社の自動契約機と三井住友銀行のローン契約機のどちらを利用するにしても最初に入室しなければいけません。それで入室する時に周囲の人の視線が気になりますが、自社の自動契約機はプロミスという社名が表示されているのでキャッシングの申し込みをする事が分かってしまいます。しかし三井住友銀行のローン契約機はキャッシング以外の手続きをする事も出来るのでプロミスを利用する事は分かりません。入室する時を考えると三井住友銀行のローン契約機の方がいいです。

・手続きをしている時を考えると自社の自動契約機の方がいい

三井住友銀行のローン契約機はバリアフリーになっているので手続きをしている時に声が漏れてしまう可能性があります。しかし自社の自動契約機は完全個室になっているので手続きをしている時に声が漏れる事はありません。手続きをしている時を考えると自社の自動契約機の方がいいです。

キャッシングの返済は分割でも大丈夫

キャッシングの返済を計画的に行うということができるのであればキャッシングを利用する時にはそこまで心配することはないです。返済の方法ですが必ずしも一括で、ということでもないです。分割の返済ということもできるわけですから無理なく返済を続けていくということができるのであればお金を借りるというキャッシングサービスも人生にとって大きなプラスになり得るということは間違いないでしょう。

それはよいのですが、問題となるのはまずは申込みをする、ということです。まずはどこのキャッシング業者にするのかということが重要になるのは言うまでもないことですが金利が出来るだけ低いところにしましょう。それが一番よい考え方であるといえるでしょう。

電話による在籍確認を回避できるモビット

カードローンを利用するうえで不安の種となってしまうのが、電話による職場への在籍確認です。

在籍確認は利用者の信用力を確認するうえで欠かせないものですが、消費者金融大手の「モビット」では、電話による在籍確認を行わずにキャッシングを利用する方法もあります。

モビットでは「WEB完結」による手続きを行なうことで、職場に在籍確認の電話をかける代わりに会社名が記載された社会保険証や給与明細など、必要な書類を提出することができれば在籍確認を完了させてくれます。

これにより土日祝日など会社が休みで電話による在籍確認が行なえない場合でもスムーズにキャッシングをすることができ、電話による在籍確認に不安のある方でも借入をしやすい環境が作られています。

ネット上で全て完結できるキャッシングの申込

全部の消費者金融がこのような対応をしている訳ではありませんがキャッシングを行っている消費者金融によっては、ネット上で全て手続きを完結できるように取り組んでいる場合があります。忙しくて店舗や無人契約機に行くことができない人は、ネット上で全て完結できるキャッシングを選択することで、スピーディーに申込を実施することが可能です。

そして審査に問題なければ、お金の融資を受けられる環境を作ってくれるので心強い存在です。ネット上で完結できるキャッシングは少しずつ増えている状況です。しかし全ての消費者金融がこのような対応をしている訳ではないので、ネット上でキャッシングを完了させたいと考えている人は、まず対応している消費者金融を見つけることが必要です。

自動契約機で契約を検討している方へ

大手消費者金融のほとんどは自動契約機が各場所に配置されており自動契約機を利用すれば、誰にも会わずにスムーズに契約をすることができるでしょう。契約機には、操作マニュアルがしっかり書かれていますし備え付けの申し込み用紙に必要事項を記入してガイダンスに従って契約機を操作してば問題ないです。

もし分からないことがあれば備え付けのインターフォンでオペレーターに質問すれば分かりやすく説明して頂けるので安心です。必要な持ち物は身分証明書で保健証や免許証があれば問題ありませんしアルバイトの方でも申し込み可能です。申し込みから契約終了まで30分~1時間ぐらいしかかからないのでとてもスピーディーに融資を受けることが可能ですよ。

貯蓄をするなら金利を考えて貯蓄しよう

貯蓄をする上でみなさん銀行にお金を預ける人がほとんどだとおもいますが、みなさん銀行の金利ご存知ですか?

1年間銀行にお金を預けても金利は0.001%です。

100万預けていても年間100円しか増えません。

しかもコンビニとかでお金を下ろすと、手数料で108円とかとられますよね?

それだけでもうマイナスです。

そこでおススメしてるのはネット銀行です。

楽天銀行なら金利0.1%です。(マネーブリッジを開通させる必要がありますが。)

私自身もお金は楽天銀行に預けています。

また将来年金がもらえるかも今や危うい時代になっている日本。

自分の口座の振り分けとしては

?楽天銀行に10万

②投資信託に残りは投資

以上の2点で構成されています。

楽天銀行の10万円はいざというときのために入れています。(自分は10万あればいざというときに対応できる額なので)

残りはすべて投資に回してます。

銀行に預けながら貯蓄するぐらいなら、リターンを求めて投資に回したり、少しでも金利が高いネット銀行に預けたほうが効率がいいですよ。

今の若い20代のうちにそうやって貯蓄しておけば、将来的に必ずプラスで返ってくること間違いないので、自分は貯蓄はネット銀行か投資に回すことをこれからも持続していくつもりです。

ポイント貯金で堂々とレジャーを楽しもう!

節約ばかりしていると、なんとなく虚しくなってしまったり、ストレスが溜まったりしませんか?

我が家では、ポイント貯金と名付けて楽しんで節約しています。

日々の買い物や様々な支払いで発生するポイント。有効期限がくるまえになんとなく使っている方も多いと思いますが私はしっかり家計簿でポイント貯金をつけています。

コツコツつけていると毎月2?3千円貯まる計算になりました。この低金利の時代、以外にバカにできない金額ですね。

そして毎年ポイント貯金だけで家族旅行を楽しんでいます。

毎月の家計簿のなかでレジャー費を捻出するのって意外と大変ですし、節約ばっかり考えるとレジャー費は真っ先に削られてしまう対象になります。

ですので、ポイント貯金=レジャー費!と割り切って貯めると、ものすごく前向きな気持ちで節約できて、あの手この手でどうすればポイントが貯まるかゲーム感覚で買い物ができます。

でも、決してポイント目的の無駄遣いはいけません。あくまでも必要な支払いでいかにしてポイントを貯めるかが重要です。

公共料金の支払いにクレジットカードはもちろん、いろいろとカードを紐付けしてポイントの二重取りや、ポイントが貯まるキャンペーンに合わせて買い物をするなど、意外と頭をつかいます。これがゲーム感覚で楽しいです。

皆さんも是非ポイント貯金で楽しみながら堂々とレジャーに出かけましょう!

専業主婦が節約すれば月2万円貯めれる

子供が小さくパートで働きたくても働けないし、働いてないから保育園預けられないしの専業主婦は、貯金したくてもなかなか貯まらない方が多いのではないでしょうか。

専業主婦だけに家計のちょっとの節約で月二万円ためられると嬉しいですよね。子供の習い事代ぐらい浮くと思うとやったとなりますよね。では、私が実践した節約をお話します。まず、目をつけたのが光熱費です。夏と冬は明細書がポストに入っていると怖くなりますよね。春秋の2倍ぐらいの年もあります。

やはりエアコンのつけるつけないでこんなに差が出てしまうんです。そこで、子供を送り出したらエアコンを消すという節約法です!8時~15時までの7時間消すだけで5000円は簡単に節約出来ます。夏は薄着に冷たい飲み物の水筒を用意し、窓全開で日陰にすると意外に過ごせます。冬は厚着してもくもくと家事をこなせば快適です。

次に食費がやはり一番の出費なのに気づきました。これは一週間の献立をざっくり考え、野菜をどのように消費するかを考えて週に二回の買い物計画をたてます。毎日の献立をたてて買い物に行くおっくうさがなくなり栄養管理も出来ます。すると、無駄がなくなりなんと月5000円ぐらい節約が出来ました。あとは休日の外食を控えるだけであっという間に10000円節約。

専業主婦でも2万円稼げた気分になり、自分を誉めてあげたくなりますよ。

お金が貯められるかどうかは財布でわかる!

財布がレシートでいっぱいになっていませんか?

私は自分のお金がどのくらい財布に入っているのかわからないくらいレシートがあふれていた時期がありました。

レシートを整理していなかったので、実際今自分がどのくらいお金を使っているのかがわからない状態でした。

こういった状態でしたので、貯金もできていませんでした。しかし、私も年をとるごとに老後どうなるだろうか心配せざるを得ない年齢になってきました。

そんな時、私の友人から一つのアドバイスをもらいました。それはとりあえず財布からレシートを全部とりだして、何にいくら使ったか書き出してみたらいいというものでした。

私は友人に言われたとおりにしてみて唖然としました。なぜなら絶対必要でないものばかり買い物をしていたからです。ほとんどが嗜好品で無駄遣いばかりでした。

少しでも我慢できれば、それを貯金にまわせました。実際なにも買わないというのは非現実的な話ではありますが、無駄遣いは確かでした。もっと早く気が付くべきでした。

例えば、ひと月に5千円を貯金するとします。一年で6万円、10年で60万円です。それを今のままの状態にしていたら、貯金は0円です。

今の私は、財布をきれいにして、数字にこまめになっています。お金に余裕があればそれを元金にFXや投資信託でお金を増やすことも可能です。しかし0円では何もできません。

財布をいつもお金の出入りがわかるようにきれいにすることは、気持ちにも余裕がでますし、自分の人生をも見つめ直すいいきっかけにもなるのです。