キャッシング契約は年収や勤続期間だけでなく勤務日数にも注意が必要!

キャッシングローンの基本貸付条件として、20歳以上で安定した収入があるということになっています。また、勤続年数が6ヶ月以上から1年以上は最低でも必要です。ですは、6ヶ月以上働いており、毎月給与を得ていれば問題無いと考えるのは注意が必要です。

銀行や消費者金融では、このほかにも勤務日数を重視しています。6ヶ月の勤続期間だったとしても、毎週2日という場合ではそれだけ収入も不安定となるため、審査においては不利な条件になります。

会社によっては、勤務日数に独自基準を設けているため、キャッシングローンを申し込みする際には、最低でも毎週3日以上の勤務をするなどの対策が重要です。特に学生のアルバイトや主婦のパートという場合でも、審査落ちのリスクが高まることに注意しましょう。

好ましいのは最低でもシフト制で、勤務日数がある程度安定している状態での申し込みをおすすめします。

キャッシングの審査についての説明

キャッシングの審査では以下のような内容を審査されます。

まずは、年収や収入、性別や勤務先などの申込者の属性についての審査です。

勤続年数も関係する場合があります。

次は信用情報審査です。

他の借り入れなどにおいて返済の履歴が確認され審査されます。

確認は信用情報機関を通しておこなわれますので、過去に何かしらの返済が滞ったことがある方は審査結果に影響が出る可能性があります。

その後、書類確認がおこなわれます。

提出した本人確認書類に不備や不正がないかの確認です。

最後は在籍確認です。

提出した勤務先に本当に在籍しているかの確認です。

以上の内容がキャッシングでの審査の内容です。

これらの項目を問題なく満たせば、キャッシングの審査は通るものと思われます。

キャッシング審査で必要な本人確認証明書は顔写真入りがベスト

キャッシングの申し込みをする際には、審査のために本人確認書類の提出を求められます。申込みをした人物が本当に本人であるかの確認ですから、顔写真の入った自動車の運転免許証やパスポートなどは適していますし、顔写真はないものの健康保険証やマイナンバーカードなどの提出も可能です。

住民票や印鑑証明書の場合は期限に気を付ける必要があり、対象となるのは3ヵ月以内に発行をしたものだけになります。外国人の方の場合であれば、特別永住者証明書や在留カードが本人確認書類として提出が可能です。

現在は審査も厳しくなっていますので、健康保険証などは場合によっては提出物として不可になることもあつため、顔写真入りの本人確認書類を用意した方が無難だと言えます。

初めてキャッシングする時の注意点!無利息サービスはアコムとプロミスでどのように違うの?

アコムとプロミスは消費者金融の中でもトップクラスの人気がありますが、共に無利息サービスを提供しているのも一つの要因となっています。無利息サービスは初めて利用する時に適用されてサービス期間中は利息が加算されていきません。

返済する時の負担を軽減する事が出来ますが、アコムとプロミスでは無利息サービスは違う部分があるのでしっかり把握しておく必要があります。

アコムの無利息サービスは契約日の翌日から適用されますが、プロミスの無利息サービスは初回借入日の翌日から適用されます。適用開始の時期が異なるので自分の都合に合わせて選ぶ必要があります。

またアコムは返済期日を35日ごとにする、プロミスはメールアドレスとWEB明細の登録など利用条件に違いがあるので注意する必要もあります。

キャッシング比較サイトで見るべき場所

いざという時に頼りになるキャッシングサービスですが、たくさんあるためどこを選べばいいのか迷ってしまう時もありますよね。たくさんのサービスを比較するサイトなどもあるのでそういったものを参考にしながら自分にあった金融機関を選ぶことが大切になります。

では『自分にあった』とはどういうものを指すのでしょうか。

おそらく多くの人が利息の面をあげると思いますが、実は大手や有名な消費者金融では利息はそこまで大きく変わるものではありません。注目すべきは返済方法や毎月の返済額、また提携している銀行などです。自分の返済したい金額で問題ないかどうかや普段自分が使っている銀行だと手数料がかかるかどうかなどが、快適にキャッシングができるかどうかに大きく影響してくるので、比較される際はそれらに注意しながら比べてみてください。

キャッシングの利息は実はそれほど高くならないわけ

国内でクレジットカード一括決済を利用すると、ほとんどが手数料なしで翌日銀行口座から引き落としされます。しかし、どうしても現金が必要なとき、ありますよね。でも給料日まであと一週間なのに、銀行口座残高は足りない。

そんな時は、断然クレジットカードのキャッシングをおすすめします!説明書きには年利18%前後とかなり高い数字で表示されており、なかなかハードルが高いと思われるかたも多いかもしれませんが、年利とはあくまで、一年間借りた時の手数料。例えば、一週間後の給料日に全額繰り上げ返済が可能だとすると、18%÷365(1日分の利息)×7(一週間後)=0.0034  もし仮に一万円をキャッシングすると、年利は1800円。しかし一週間後に返済することで、利息は34.5円。会社によっていろいろルールは違うものの、例えばこれは海外でも同様です。海外旅行の際に、実は一番交換レートがいいとされているのが、海外キャッシング。同じ方法で、帰国後にすぐ繰り上げ返済をすることで、銀行や両替ショップなどに比べはるかに低い手数料でお金を両替することができます。

ただし、繰り上げ返済ができないカードや海外キャッシングのルールが異なる場合があるので、必ず確認くださいね。

アイフルのファーストプレミアムカードローンのメリットとデメリット

アイフルでは高い返済能力を有する人がより有利な貸付条件でキャッシングできるファーストプレミアムカードローンというカードローンの取り扱いがあります。同カードローンのメリットとデメリットを確認していきましょう。

まずはメリットですが、適用される実質年率が3.0%から9.5%(2018年8月24日時点)と同社のキャッシングローンと比較して上限実質年率が圧倒的に低いことが挙げられます。また最大で30日間無利息キャッシングができますし、Web完結契約に対応しているので契約利用がしやすいカードローンといえます。

一方でデメリットですが契約申し込みできる年齢が満23歳から59歳までとキャッシングローンよりも年齢条件が厳しいことが挙げられます。

借り入れタイミングを考えてお金を借りるにはどのようにすれば良いのか

お金を借りる方法としてポピュラーなキャッシングは数多くありますので、現在利用しているサービスよりも良いサービスを提供しているのであれば、借り換えを考えても良いでしょう。

借り換えタイミングは利用者の事情によって異なりますが、借り換えを行う事で利息が下がったり、提携ATMの数が多くなって都合に合わせた返済の仕方が出来るようになったりというようにメリットが大きいです。

借り換え先を選ぶ事と借り換えタイミングを考える事は重要であり、これらの要素がバランス良く揃う事で、ユーザーはキャッシングを適切に使っていく事が出来ます。

変更する時期としては、現在利用しているサービスで借り入れしているお金を完済したり、総限度額が年収の3分の1に達していなかったりする時が良いでしょう。

キャッシングは安心して行うことができる!

初めてのキャッシングを行いたいが行えないと言う方の中には、キャッシングについて不安感や不信感思ってしまいなかなか前に踏み出せないといったことがあるかもしれません。しかしながら、キャッシングを行うことに抵抗感を覚える必要はほとんどないのです。この回は初めてのキャッシングを利用したときの私の体験談についてお話ししていきたいと思います。

私自身もインターネットからキャッシングのやりとりを行いましたが、消費者金融の方から電話が来ることも不安でしたし、キャッシングを行った後にしっかりと返済することができるかと言う事について考えていたことがありました。

電話が実際に来た際もオペレーターの方やスタッフさんの方が親切で丁寧だったと言うことがとても印象的でしたし、無理のない返済計画を一緒に考えてくれたと言うことでとても安心しました。初めてのキャッシングは私が思っている以上にそこまで不安なものではありませんでした。

もし初めてのキャッシングを検討されている方はそこまで不安に思う必要はありません。わからないことがあれば積極的に聞いて良いと思いますし、インターネットなどを見て自分に合った借りやすい消費者金融からキャッシングを行うと言う選択をしても良いと思います。

初めてのキャッシングはほんとに安心なの?

お金を借りると言う事は非常に難しく、自分の良心に心が痛んでしまうと言った方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら近年では、キャッシングを受けている方が少なからずいらっしゃると言うことが現状になってきています。そこで今回は、近年キャッシングを利用している方が多い理由について紐解いていきたいと思います。

キャッシングを利用している方が増えてきて1番の原因として、キャッシングを行うことが悪いことではないと言うことがオープンに現れていることではないかと思います。最近では消費者金融のCMなのにとても面白いかったり、頭の片隅に残りやすかったりします。そのようなことからキャッシングを利用する方の壁を少しずつ砕いていくのです。女性のためのキャッシングをサポートしている消費者金融があったりと、最近では様々な形態が存在しています。このことから多くの方がキャッシングを利用していると言えるでしょう。