専業主婦が節約すれば月2万円貯めれる

子供が小さくパートで働きたくても働けないし、働いてないから保育園預けられないしの専業主婦は、貯金したくてもなかなか貯まらない方が多いのではないでしょうか。

専業主婦だけに家計のちょっとの節約で月二万円ためられると嬉しいですよね。子供の習い事代ぐらい浮くと思うとやったとなりますよね。では、私が実践した節約をお話します。まず、目をつけたのが光熱費です。夏と冬は明細書がポストに入っていると怖くなりますよね。春秋の2倍ぐらいの年もあります。

やはりエアコンのつけるつけないでこんなに差が出てしまうんです。そこで、子供を送り出したらエアコンを消すという節約法です!8時~15時までの7時間消すだけで5000円は簡単に節約出来ます。夏は薄着に冷たい飲み物の水筒を用意し、窓全開で日陰にすると意外に過ごせます。冬は厚着してもくもくと家事をこなせば快適です。

次に食費がやはり一番の出費なのに気づきました。これは一週間の献立をざっくり考え、野菜をどのように消費するかを考えて週に二回の買い物計画をたてます。毎日の献立をたてて買い物に行くおっくうさがなくなり栄養管理も出来ます。すると、無駄がなくなりなんと月5000円ぐらい節約が出来ました。あとは休日の外食を控えるだけであっという間に10000円節約。

専業主婦でも2万円稼げた気分になり、自分を誉めてあげたくなりますよ。

お金が貯められるかどうかは財布でわかる!

財布がレシートでいっぱいになっていませんか?

私は自分のお金がどのくらい財布に入っているのかわからないくらいレシートがあふれていた時期がありました。

レシートを整理していなかったので、実際今自分がどのくらいお金を使っているのかがわからない状態でした。

こういった状態でしたので、貯金もできていませんでした。しかし、私も年をとるごとに老後どうなるだろうか心配せざるを得ない年齢になってきました。

そんな時、私の友人から一つのアドバイスをもらいました。それはとりあえず財布からレシートを全部とりだして、何にいくら使ったか書き出してみたらいいというものでした。

私は友人に言われたとおりにしてみて唖然としました。なぜなら絶対必要でないものばかり買い物をしていたからです。ほとんどが嗜好品で無駄遣いばかりでした。

少しでも我慢できれば、それを貯金にまわせました。実際なにも買わないというのは非現実的な話ではありますが、無駄遣いは確かでした。もっと早く気が付くべきでした。

例えば、ひと月に5千円を貯金するとします。一年で6万円、10年で60万円です。それを今のままの状態にしていたら、貯金は0円です。

今の私は、財布をきれいにして、数字にこまめになっています。お金に余裕があればそれを元金にFXや投資信託でお金を増やすことも可能です。しかし0円では何もできません。

財布をいつもお金の出入りがわかるようにきれいにすることは、気持ちにも余裕がでますし、自分の人生をも見つめ直すいいきっかけにもなるのです。

節約になる楽天スーパーポイント

買い物をして貯まったポイントを現金として使うと、とても得した気分になります。

わが家では楽天市場を利用するので、楽天スーパーポイントが効果的に貯まるようにしています。

貯まったポイントを使って、また買い物をしています。

とても得した気分になり、とても節約になります。

楽天市場で定期的に開催されているキャンペーンである楽天スーパーセール、お買い物マラソンの期間中に買い物をすると、普段よりポイントが貯まるようになっています。

楽天市場をよく利用する人は楽天カードを使って支払うとさらにポイントがつくので、楽天カードを持つことをおすすめします。

楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると最大3倍ポイントがたまり、0と5のつく日に楽天市場で買い物をするとポイントが5倍になります。

楽天市場のキャンペーン期間中に楽天カードで買い物をするとさらにポイントがつきます。

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすると、またさらにポイントがつきます。

楽天カードは年会費無料のクレジットカードで、楽天Edyつきです。

楽天Edyはプリペイド型電子マネーで、街中で現金のやりとりなしで買い物ができます。

楽天銀行はネット銀行ですが、口座開設はネットで簡単に作れます。

楽天市場をよく利用する人は「楽天カード」「楽天銀行」の利用を検討してみてください。

給料日前に是非!私の究極節約レシピ

私がまだ就職して間もない頃の月収は本当に少なく、一人暮らしをしていてこともあり、必要経費を差し引いた食費は1カ月に1.5万円くらいが平均でした。ですので給料日前だけではなく普段の食事から節約する必要がありました。その頃の食生活は朝は牛乳と食パンのみ、お昼はおにぎり2つ(鮭フレークを入れた物と塩むすびでした)と卵焼き、そして夜は基本的にそうめんかパスタでした。

食材を買う際のポイントとしては、安売りの日にまとめ買いするのが1番良いですが、私の場合まとめて買いすぎるとその月の食費が一気になくなってしまうので、どちらかと言うと買い物に行った日に安くなっている物を1週間分買う、という感じでした。

そこで私が実際に給料日前に作っていた節約レシピを1つ紹介したいと思います。材料はいたってシンプルです。①パスタ麺 ②ごま油 ③しょうゆ ④ふりかけ この4つのみです。具はなしです。(笑)作り方は簡単で、パスタを茹でた後に少量のごま油としょうゆ和えて、最後にふりかけをかけて完成です。

ふりかけであれば何味でも美味しくできました。ほんの少し余裕があれば、ぶなしめじを加えれば更に美味しかったです。この味が忘れられず、未だにたまに思い出して作って食べています!皆さまもでひお試しください。

れからの時代の自動車の考え方

自動車も未来型の電気で走るタイプも随分と増えています。こうした電気自動車の連続走行距離は以前は100キロくらいだったものが今は300キロくらいは連続走行できます。ステーションなども多くあれば問題ないのですが、少ない数であればどうしても電気が切れて走行できない恐れもあります。

家計にとってはガソリン代を毎月2万円支払っていれば、満タンの充電が1回100円ていどなので実際に電気料金が1,000円程度プラスとなってもそれこそ1万9千円の節約になります。電気自動車もこれからますます進化をしていきますし、購入価格を抑えたタイプが沢山出ている現状となります。

自動車の販売価格に対してはやはり少し高かった時代からは多少は下がった形になります。電気自動車の時代が来ればそれこそガソリンがなくなり環境も良くなります。しかし今後の状況もまだまだ判らないところが多くハイブリッドが主流の時代からどのような状況になるのかはまだまだ先のこととなりそうです。

電気自動車がそれこそ価格帯を100万円代で販売し始めた時になるとガソリン車も売れなくなる可能性もありますが、そこまで企業がついていけるかも微妙な感じだと考えられます。

人感センサー付きLEDライトでラクラク節約!

我が家は家族が多いので、電気代がすごいです。みんなに「照明は付けたら消す!」と毎日のように言いましたが、一向に改善しません。部屋の照明や階段の灯りは付けたら付けっぱなしで、本人がいません。

そこで出来るだけ家中の灯りをLEDの人感センサーにしました。人感センサーだと、人が近づいた時だけ灯りが付いて、一定時間が経つと勝手に消えます。これだと消す手間が省けるだけでなく、真っ暗闇でスイッチを探す必要がないので、みんなに好評です。

階段の照明は高い天井にあり、業者に頼むと工事費が高くつくので、コンセントに差し込む簡単なLEDライトで足元を照らすようにしました。これも勿論、人感センサーです。足元なので、真っ白い明るい色にしました。階段を上がろうと近づくとパッと付きます。人が動いているので、階段を登っている最中に消えることはありません。

今は電気の量販店に行くと、人感センサー付きのLEDライトは、ワゴンセールでいろいろな種類を安く買えます。大きさや設置方法も種類が豊富で、場所にあったライトを選べました。

その上、LEDは小さな電球でも今までより明るく、小型のライトでも十分な明るさです。おかげで電気代も安く済むので出費が減りました。

キャッシング申し込み後の本人確認ってどんなもの?

キャッシングを申し込む際、現在の勤務先を記入しなければなりません。その後、申し込んだ消費者金融会社から勤務先に本人確認の電話がかかってきます。たしかに本人確認の電話がかかってくることは恥ずかしいかもしれません。しかし、基本的に会社には個人名で「○○と申しますけど△△さん、いらしゃいますか」という電話がかかってきますが、最初に総務部や人事部にその旨の電話がくれば彼らは「あっ、本人確認の電話ね」といった感じで対応には慣れていると思いますので、普通に電話を申込者に転送してくれるでしょう。

その際、キャッシングを申し込んだことは総務部や人事部の人にはバレることはありません。普通に「○○さんから、電話が入ってます」とつないでくれます。また、もし申込者が営業等で外出していれば、電話を受けた人がその旨を伝えてくれれば申込者がその会社に在籍していることが確認できるので、申込者と直接本人確認が取れるまで繰り返し電話がかかってくることはありません。申し込み内容に虚偽が無いかを確かめるための電話だと思って堂々と構えていれば大丈夫です。

プロミスには瞬フリという当日キャッシングが

口座への振り込みになりますが、プロミスのサービスなら、

当日最短10分で指定口座へ振り込みができる「瞬フリ」というものがあります。

もちろん、審査を経る必要がありますが、少額なら、給与証明も必要なく、

身分証明証だけで申し込むことができます。

50万以上だと、所得の証明が必要だそうなのですが。

そうすると、平日14時までに完了すれば、ほぼ即、自分の口座に借り入れたお金を振り込んでもらえます。

特に引き落としなどで急ぎで口座にお金が必要な場合に、振り込みが便利ですよね。

しかも、インターネットであれば夜中でもいつでも、思い立ったら申込することができます

返済も、口座の引き落としでも、ATMからのお金を入れても大丈夫なので、便利ですよね。

キャッシングの審査で必要となる在籍確認

キャッシングの審査で行われるのが、申告のあった勤務先に直接電話をして、その人が本当に勤務しているかを確認する在籍確認です。在籍確認に対して不安を感じる人は少なくありませんが、身分証明書の不正利用など虚偽の申告を避けるために欠かせない審査のひとつとなっています。

そんな在籍確認は、勤務先に気付かれないように最新の注意を払って行われます。電話をする時でも、業者名を名乗らないため本人以外が電話に出た場合であっても、キャッシングの審査だと気づかれる心配はありません。ただ、どうしても在籍確認を避けたい場合は、業者に相談をすることで書類の提出での審査に切り替えて貰えることがあります。ただ、対応は業者によって異なるため、不安な場合は事前に書類での審査が可能かどうか確認しておく方が良いでしょう。

キャッシングは即日融資で30日間利息無料なのでおすすめ

出費が多くなってしまいお金が足りなくなってしまったり、急にお金が必要になってしまうことがあります。その時にお金を工面する方法に悩んでいる場合にはキャッシングをおすすめします。しかも会社によっては30日間無利息でキャッシングが利用できる会社もあり、短い期間のキャッシングであれば利息を払わずにお金を借りることができるのです。

さらに特別な条件さえなければ、キャッシングで即日融資が可能な会社が多いので、利息を払わずに即日でお金を工面することができます。キャッシングは利息が高そうとか審査に時間がかかりそうといったイメージを持っている人も多いですが、実際にはその逆で簡単に利息もかからないのでおすすめとなっています。