レイクの会員サービスについて

レイクには契約した後で快適なキャッシングサービスが享受できるようにと、パソコンやスマートフォンからアクセスできる便利な会員サービスが用意されています。レイクの会員メニューで利用できる便利なサービスについて、具体的に紹介をしていきたいと思います。

・即日振込キャッシング

平日であれば14時45分までに振込キャッシングの手続きを済ませることで、即日振込をしてもらうことができます。尚、手数料は無料で振り込みに要する時間は最短で約1分となっています。

・返済

インターネットバンキング口座から返済ができます。もちろん手数料は無料です。

・申込

利用限度額を上げてもらう増額申請ができます。

・Web明細

ネット上から利用状況の確認がいつでもできます。

ここで例に挙げた以外にも多くの便利なサービスがあるので、ぜひ活用してみてください。

アイフルのブライダルローンの概要と特長について

アイフルのキャッシングサービスといえば、借りたお金の使いみちが自由とされているキャッシングローンが有名ですが、実は借りたお金の使いみちが限定されているものの、よりお得に借り入れができる目的別ローンというローン商品の取り扱いもあります。そんな目的別ローンの中でも、特にまとまった金額を借り入れる可能性が高いブライダルローンの概要や特長について詳しく見ていきましょう。

・金利と利用限度額

2017年9月10日時点で、金利は年13.0%~年17.0%、利用限度額は最大で100万円までとなっています。一般的な消費者金融のキャッシングサービスの上限金利が年18.0%であることを考慮すると、上限金利が年17.0%というのは有り難いですね。

・契約の際に必要となるもの

運転免許証などの本人確認書類に加えて、借りたお金の使いみちを証明する書類が必要となります。ブライダルローンであれば、結婚式や披露宴の見積書や予約確認書、請求書や領収書などが該当します。

・月々の返済額

利用限度額によって異なり、月々4,000円から26,000円の返済額となります。最大でも毎月の返済額が26,000円で良しとされているので、無理なく返済ができると考えられますね。

銀行カードローンの審査は厳しくなるのか

銀行カードローンの利用が今後いっそうに厳しくなっていくことが考えられます。具体的には銀行カードローンを申込む際におこわなれる審査が厳しくなることと、審査に通ったとしても限度額があまり高額にならないことが考えられます。

2017年に日本弁護士連合会が銀行カードローンの過剰融資問題を提起しました。実際に銀行カードローンが2010年に貸金業者の総量規制の導入から融資残高が大きく増えていました。自己破産などの債務整理件数も増加に転じたことから銀行カードローンが大きく問題視されたのです。

銀行カードローンが法的に規制強化されたわけではありませんが、銀行自体が法的な規制を回避するために自主規制を呼びかけていますから、銀行カードローンの利用は厳しくなることはほぼ確実でしょう。それに、この問題に関しては銀行の監督官庁である金融庁も規制の動きを見せていることから銀行カードローンが法的規制を受ける可能性も低くはありません。

10年ほど前には消費者金融の過剰融資問題が社会問題化しましたが、歴史は繰り返すのでしょうか。銀行カードローンの申込などを検討している人に取ってはあまり歓迎すべき自体ではないのかもしれません。

プロミスの主力商品

安定した収入があるとは言え、時には急にまとまったお金が必要になる場合があると思います。そんな時はプロミスのご利用をおススメします。20歳から69歳までの方で、安定した収入があればどなたでも審査を受け付けてくれます。勿論、主婦や学生でもOKです。

プロミスの主力商品「フリーキャッシング」なら、即日融資が可能で満足頂ける内容になっております。50万円以下の借り入れなら、お申し込みは運転免許証など本人を確認出来る書類の提出だけでOKです。勿論、保証人や担保も不要です。但し、他社との利用残高の合計が百万円を超える場合には、別途収入証明書類が必要になります。50万円を超える借り入れをご希望の方は、ご本人様を確認できる書類のほか、直近の源泉徴収票など収入証明書類が必要になります。但し融資限度額は五百万円ですのでご注意ください。

来店が面倒という方は、WEBからでも契約する事が出来、即日融資にも対応します。これだと郵便物が無いので匿名性が保たれますし、カードも不要です。お申し込みの受付は24時間年中無休です。借り入れ、返済共にお近くの銀行やコンビニATMを利用できます。店舗まで足を運ばなくとも、パソコンやスマホなどからインターネット経由で振込や口座振替も出来ます。

なぜアコムやアイフル、モビット、レイクなど他の大手消費者金融の追随を許さず、プロミスの人気が圧倒的なのでしょうか?まず、業界最低水準の金利を設定している事が挙げられるでしょう。消費者金融からお金を借りようとする時、当然ながら金利を調べると思います。殆どが4.0%~18.0%といった具合に、範囲が設けられている筈です。ですが多くの場合、上限金利が適用されるのです。アコムなど他の大手消費者金融の上限金利は18.0%ですが、プロミスのそれは17.8%で、0.2%も低いのです。たかが0.2%と思われがちですが、これが案外侮れません。キャッシングでは、少しでも金利が低い方を選ぶべきでしょう。

何社かの消費者金融で利用残高のある方が、プロミスに借り換えをするというケースが多いのも頷けます。

また、プロミスには独自のポイントサービスがあり、これを有効に活用すると良いでしょう。無利息サービスなど、貯まったポイントに準じて使える多様な特典が用意されているので、この特典選びも楽しみの一つと言えそうです。申し込みの際に収入証明書を提出すれば、もうポイントが貯まり、既に一週間程度の無利息サービスが受けられるそうですので何とも嬉しい限りです。コツコツとポイントを貯め、無利息サービスの期間を長くするのも賢明でしょう。

キャッシングと言いますと、利息が高くついて返済できるかどうか不安、という方もおられると思います。そんな場合に備え、プロミスでは初めて利用される方を対象に30日間無利息で利用できるサービスを用意しています。メールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要ですが、一か月で完済する目処が付いてる方にはおいしいサービスと言えるでしょう。実は、他の大手消費者金融でも同様のサービスを実施しておりますが、殆どが契約の翌日から日数がカウントされます。これに対してプロミスでは、借り入れの翌日からなのです。つまり、実質的にはプロミスの方が有利なので

以上の様に、プロミスではお得な内容を持った多種のサービスを用意してあります。プロミスに決めれば、経済的で利便性に優れたキャッシングを実現できます。

アルバイトがプロミスの審査を有利にするポイントは?

プロミスは正社員だけでなくアルバイトにも積極的に貸付を行っている消費者金融なので金欠の状態になった時に利用する人も多いです。しかしアルバイトは正社員に比べて信用度が低くなってしまうので審査が不利になる事が多いです。それでアルバイトの審査の可決率はあまり高いとは言えないので有利になるように準備をしていく必要があります。そこでアルバイトがプロミスの審査を有利にするにはどのようなポイントがあるのか見ていく事にしましょう。

・収入に見合った借入希望額を申請する

アルバイトは正社員に比べて収入が少ない事が多いので借入希望額が多いと返済能力を疑われてしまう事があります。それで審査が不利になってしまうので落ちてしまう事もあります。アルバイトが審査を有利にするには収入に見合った借入希望額を申請して返済能力があるという事を業者にしっかり伝えていく事が大切になってきます。

・他社から借り入れをしていない状態にしておく

プロミスは他社からの借り入れが3件以下であれば利用する事が可能ですが、アルバイトの場合は1件でもあれば審査に落ちてしまう可能性が高くなります。アルバイトが審査を有利にするには他社から借り入れをしていない状態にしておく事も大切になってきます。

キャッシングには複数の返済方法が

キャッシングを利用する時にしっかりと考えておきたいのが、返済の仕方です。
返済の仕方は、口座振替の他、ATMや無人契約機の利用、WEBからの返済などの方法があります。

口座振替は、返済をし忘れる心配がないことで人気ですが、利用をすれば通帳に記録が残ることになります。
キャッシングを利用してることを、家族に知られたくないのであれば、通帳に記録が残る方法は避けておくことがおすすめです。
実際に、記録が残ることを避けるために、他の返済方法を選ぶという人も多くいます。

人気が高いのが、提携ATMを利用した返済方法です。手数料は業者によって異なりますが、ATMから借入れ、返済を行えば、手元に取引記録が残ることがありません。そのため多くの人がこの方法を利用しています。
提携ATMの場合、繰り上げ返済や一括返済を手軽に行えるというメリットもあります。
完済までの期間が短くなれば、それだけ支払う利息も少なくて済むので、キャッシングを利用する時には、ATMの活用を考えておくと良いでしょう。

WEBから行う返済手続きの場合、ATMまで足を運ばなくて済むというメリットがあります。
複数の返済方法を覚えておけば、便利に賢くキャッシングを利用することができます。

外で急にまとまったお金が必要なときに便利

私は仕事帰りにストレスを発散させるためにバーや居酒屋に仕事仲間といっしょによく行っていたのですが、キャッシングが非常に便利だと思ったことがあります。仕事仲間と飲んでいるときに盛り上がると複数のお店に続けて行くことがありがちです。そのため、最初に用意していた予算では足りなくなってしまうことがよくおきます。私は友達と飲み会をしていたときに、現金が足りなくなりそうだったので、クレジットカードで飲み代を支払おうと思っていました。しかし、支払いのときにクレジットカードを利用できないバーだと分かり困ってしまいました。

どうするか友達と話し合っているときにひらめいたのがキャッシングです。飲み会をしていたのは深夜だったのですが、ATMを使えば深夜でも現金が手に入ることはキャッシングの大きなメリットです。私の友人がキャッシングをしてくることになり、私たちはお店で待っていました。しばらくしてから、バーの近くにあるATMでキャッシングをしてきた友達が帰ってきました。キャッシングのおかげで飲み代の支払いができてよかったです。街のいろいろなところにキャッシングができるATMがあるので、外で急にまとまったお金が必要なときに非常に便利だと感じました。

提携ATMで独自の道を行くモビット

消費者金融はさまざまなサービスを行なっていますが、その中でもキャッシングまでのスピードを短縮するために無人契約機を設置している会社が多くあります。

無人契約機を利用することで申し込みをすればその場で審査を行なうことができ、急いでいる方でもよりスピーディにキャッシングを行なえるようになりました。

しかしそんな中、全国的に設置個所が増えている無人契約機の台数を減らそうとしている会社があります。

それがモビットです。

モビットは自社の無人契約機を減らす代わりに銀行やコンビニなどと提携することによってキャッシングや返済に使用できるATMの数を増やしています。

申し込みは自社のホームページから行なうことができ、審査に通過した方にはキャッシュカードが発行されます。

専用のATMは持たないものの、提携ATMを増やすことで利用者の幅を広げているのです。

振込キャッシングを利用することでキャッシュカードを使わずにキャッシングができる「ネット完結」のサービスも導入しており、ATMが近くにない場合でもその場から指定口座に振込を行なうことも可能です。

キャッシングのスピードを無人契約機ではなく、ネットと提携ATMを活用することで補完している消費者金融がモビットであるといえます。

カードを受け取る時間帯を指定出来るサービス

キャッシングを利用する時は出来れば周囲の人には知られたくないものです。特にキャッシングのカードが自宅に送られてくる時は家族の人に知られてしまう可能性があります。

しかし消費者金融の大手アイフルにはそんな悩みを一気に解消してくれるサービスがあります。

アイフルのサービスのひとつに配達時間えらべーるというサービスがあります。このサービスは自分で指定した時間帯に自宅でカードを受け取れるサービスです。仕事やよく外出する人にもおすすめのサービスです。

また家族にキャッシングを利用しているのを知られたくない人も自分しかいない時間帯を指定しておけば家族に内緒でカードが受け取る事が出来ます。

配達時間えらべーるというサービスを自分の都合に合わせて利用するといいでしょう。

現状キャッシングの本人確認にマイナンバーカードは不向きです

キャッシングを利用するにあたって、免許証もないし本人確認書類としてマイナンバーカードを使おう、という人もいますが、マイナンバーカードはキャッシングの本人確認書類としては難しいものがあります。

まずマイナンバーカードに対応している消費者金融や銀行カードローンは少数派です。

これはマイナンバー制度自体が比較的最近の制度で、あまり普及しておらず、企業側から見てそれに対応するためのコストに釣り合わないことが原因と言えます。

マイナンバーカードが広く普及されるまでは、マイナンバーカードでキャッシングを利用するのは難しいでしょう。

また、マイナンバーカードを使える会社であっても、本人確認書類として画像等を提出する際には、番号が見えないようにする必要があります。

これはマイナンバーの情報を企業が複製保存することが禁止されているからで、番号が見えたまま提出すると個人情報を保存できないので、再提出が必要になってしまいます。